ヘタフェに所属する柴崎岳【写真:Getty Images】

写真拡大

 ヘタフェが2日、左足第五中足骨の骨折で戦線離脱している25歳の日本代表MF柴崎岳が、手術を行い無事成功したことを発表した。

 今夏の移籍市場でテネリフェからヘタフェに加入した柴崎は、開幕戦のアスレティック・ビルバオ戦から先発出場。第4節のバルセロナ戦ではスーパーゴールを決めて注目が集まった。しかし、この試合で負傷し長期離脱を余儀なくされている。

 スペイン紙『マルカ』は、復帰は12月頃になると報じており、10月や11月に予定されている日本代表の試合には出場できない見通しだ。12月に行われるEAFF・E-1サッカー選手権での復帰に期待したいところ。

text by 編集部