酒井高徳、英データサイト「今節ベスト11」選出 香川や武藤ら押しのけ日本人で唯一

写真拡大

日本人アタッカーが活躍したなか、酒井高が高得点を叩き出して左SBで選出

 ブンデスリーガ第7節ではドルトムントMF香川真司、マインツFW武藤嘉紀、ケルンFW大迫勇也がゴールを決めた。

 さらにバイエルン・ミュンヘン相手にアシストを決めたヘルタ・ベルリンFW原口元気など、日本人選手はアタッカー陣の活躍にスポットが当たっているが、英データサイト「WhoScored.com」選出の「チーム・オブ・ザ・ウィーク」では唯一の日本人選手として、ハンブルガーSVのDF酒井高徳が名を連ねた。

 試合中の200項目以上のデータを算出したレーティングを公開している同サイトの評価で酒井は7.6点という高得点を獲得している。左サイドバックとして今節のベストイレブンに選ばれた。

 その他はドルトムント戦で香川にループシュートを決められたアウクスブルクのGKマルヴィン・ヒッツをはじめ、右サイドバックにRBライプツィヒのDFルーカス・クロスターマン、センターバックはドルトムントのDFマルク・バルトラとボルシアMGのDFマティアス・ギンター。中盤は4人で右からドルトムントMFアンドリー・ヤルモレンコ、シャルケMFレオン・ゴレツカ、フライブルクMFニコラス・ヘフラー、ドルトムントMFクリスティアン・プリシッチ、2トップがフランクフルトFWセバスティアン・ハラーとRBライプツィヒFWマルセル・ザビツァーという顔ぶれだった。

 香川の所属するドルトムントから最多の3選手が選出されている。

「チーム・オブ・ザ・ウィーク」の一覧

「チーム・オブ・ザ・ウィーク」は以下の通り(所属チーム/採点)。

GK
マルヴィン・ヒッツ(アウクスブルク/8.1)

DF
ルーカス・クロスターマン(RBライプツィヒ/8.4)
マルク・バルトラ(ドルトムント/8.4)
マティアス・ギンター(ボルシアMG/7.8)
酒井高徳(ハンブルガーSV/7.6)

MF
アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント/8.4)
レオン・ゴレツカ(シャルケ/8.0)
ニコラス・ヘフラー(フライブルク/8.2)
クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント/7.9)

FW
セバスティアン・ハラー(フランクフルト/8.1)
マルセル・ザビツァー(RBライプツィヒ/9.0)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images