日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は2日、新たなプロ野球志望届の提出者を公式サイトで公示【写真:Getty Images】

写真拡大

地方リーグで注目の日本文理大・ケムナブラッド誠

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は2日、新たなプロ野球志望届の提出者を公式サイトで公示。侍ジャパン高校日本代表で活躍した仙台育英(宮城)の西巻賢二内野手らが提出し、提出者は計145人(高校生90人、大学生55人)になった。

 西巻は168センチながら名門・仙台育英の走攻守そろった遊撃手として活躍。U-18野球W杯にも出場した。ほかにも学法石川(福島)の150キロ右腕・尾形崇斗投手らが10人が公示。また、大学生は米国人を父に持ち、ハワイ出身、地方リーグで注目を集める日本文理大の151キロ右腕、ケムナブラッド誠ら5選手が提出した。

 提出の締切は12日。NPBのプロ野球ドラフト会議は26日に行われる。