25歳の誕生日、今後への意気込みを語った今平(提供:大会事務局)

写真拡大

<マイナビABCチャンピオンシップ 事前情報◇2日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)>
今月26日(木)に開幕する国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」の開催記者発表会が本日2日に行われ、今平周吾がゲストプロとして登場した。
今平周吾“勝利の女神”は美人女子大生キャディ!
この日、10月2日は今平の誕生日。25歳を迎えた今平のために、大会会場となるABCゴルフ倶楽部(兵庫県)の18番ホールをかたどった特大バースデーケーキが用意された。
今年で第10回目となる同大会、今平の初参戦は2008年の第1回大会だった。ジュニア推薦枠として出場した今平は予選落ち。この年に優勝したのは、1つ年上の石川遼だった。「練習ラウンドで石川遼プロと回る機会があり、当時は1年先輩で1年しか変わらないのに安定感あるし、飛距離も出るし、レベルの差を感じていました」そう振り返る今平も、今や賞金ランク4位につける優勝候補のひとりだ。
今年の大会については、「いつも4日間(スコアが)60台で回れれば上位に行けると思ってやっている。このABCゴルフクラブは風も吹くので難しいとは思うが、60台を目指してやりたい」と意気込みを語った。
今年も同大会には優秀なジュニア選手が参戦し、プロたちとしのぎを削る。そのジュニアたちに賞金ランク上位選手としての威厳を見せたいところだ。今年の目標を「賞金王になりたい」と話した今平。10年目を迎える記念大会で優勝を狙う。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

パッティングのリズムを修正した今平周吾 5試合連続のトップテン入り
今平周吾が今季8回目となるトップ5も…「何かが足りないから優勝できない」
ショッピングでリラックス 今平周吾「去年よりフワフワしていない」
崖っぷちの石川遼、最終日は「-8、-9を目指していく」
シード権争いは佳境へ 石川遼、生き残りへの条件は?【入れ替え最終戦】