自動小銃「AK-47」を製造するロシア最大の銃器メーカーであるカラシニコフ・コンツェルンが新型ホバーバイクのプロトタイプを公開しました。

Kalashnikov Unveils Flying 'Hovercycle'

http://www.popularmechanics.com/military/aviation/a28397/kalashnikov-hovercycle/

The company that makes AK-47s just built a working hoverbike - The Verge

https://www.theverge.com/2017/9/27/16374000/kalashnikov-hoverbike-drone-multicopter-flying-car

«Калашников» презентовал летающий мотоцикл - YouTube

工場っぽいところでホバーバイクにまたがる人物。ホバーバイクは外装がなく、骨組みだけの状態。運転席を中心として左右に回転翼が取り付けられています。



計8つのローターが回転し始め……



機体が垂直にふわりと浮上。わずかに機体が左右に揺れましたが、非常に安定しています。



まっすぐに直進し……



ジョイスティックによって方向変換も簡単に行っています。





前方から見るとこんな感じ。



最後に着地するまで、安定した飛行を見せていました。



人が乗っていない状態のホバーバイクがこれ。機体前面にシートが1つあり、シートの下にはバッテリーが搭載されています。



横から見た様子。



なお、プロトタイプは骨組みだけの状態ですが、最終的には以下のような外装がつく予定です。







このホバーバイクにはまだ名前がなく、カラシニコフは「flying car(空飛ぶ車)」と表現しているとのこと。一方で、発表された乗り物は、8つの回転翼や形から、車というより巨大なドローンのような見た目となっています。上記のホバーバイクが市販される時期などについては記事作成時点で不明で、Popular Mechanicsは「バッテリー技術に革命が起こらない限り、30分未満しか飛行できないだろう」と述べています。

なお、ロシアでは、この他にもホバーバイク型の乗り物が開発されており、以下の「Scorpion 3」もロシアに拠点を構えるhoversurfによって開発されたもの。

空飛ぶバイク「Scorpion 3」の飛行テスト映像をhoversurfが公開 - GIGAZINE



また、カラシニコフ・コンツェルンのホバーバイクは、Googleのラリー・ペイジが支援している「Kitty Hawk Flyer」にも似ています。Kitty Hawk Flyerは2017年中にも市販される見込みです。

Googleのラリー・ペイジが支援する1人乗りの超軽量飛行機「Kitty Hawk Flyer」の飛行映像が初披露 - GIGAZINE