【ソウル聯合ニュース】韓国文化観光研究院は1日、韓国人が海外旅行を好む割合は50.7%と国内旅行(49.3%)より高かったとの分析結果を公表した。

 2016年に全国の2467世帯、満15歳以上の6309人を対象に行われた「国民旅行実態調査」を分析した。

旅行者で混み合う仁川空港(資料写真)=(聯合ニュース)

 海外旅行に行きたい理由(複数回答)としては「異国的な景観・観光資源」が73.1%と最も高く、「海外にあまり行ったことがないから」(44.5%)が続いた。

 「海外旅行自体に意味があり、興味深いから」は24.3%、「海外はレジャーが多彩だから」が23.7%、「訪問してみたい国や都市があるから」は21.4%、「国内旅行と費用があまり変わらないから」は10.2%という結果だった。

 最も行きたい海外旅行地は日本(15.2%)が筆頭に挙がり、次いで米国(9.7%)、中国(9.0%)、フランス(8.3%)スイス(7.3%)と続いた。

 若者層になるほど、海外旅行を好むことも分かった。

 海外旅行への関心度が最も高い年齢層は20代(68.7%)だった。30代は59.9%、15〜19歳は53.6%、40代は53.4%だった。

 国内旅行を選んだ理由としては「国内に行ったことがない場所が多いから」が75.1%で最も多かった。

 「海外旅行に行く時間的余裕がないから」(29.9%)、「海外旅行より国内旅行の費用が安いから」(16.6%)、「行きたい観光地がないから」(14.2%)、「個人の特殊な状況のため」(8.2%)、「海外は言語が通じないから」(3.7%)、「海外でのテロ・事件・事故のため」(3.1%)などの理由も上がった。

 旅行に行きたくない国内の観光地としては済州(42.4%)が最も多く、次いで江原(22.1%)、慶尚北道(7.7%)、全羅南道(7.0%)、釜山(6.0%)の順となった。