食生活を見直そう!簡単カロリー管理アプリ「MyFitnessPal」を1週間使ってみた

写真拡大 (全12枚)

“食欲の秋”がついに到来! ごはんが美味しい季節でついつい好きなものばかり食べてしまいがちですが、カロリーや栄養のバランスも気になるところ。年々かかる人が増加している生活習慣病も、他人事じゃありません。

しかし、自分で日々の食生活を管理するのは容易ではないもの。ダイエットアプリや、カロリー計算アプリは山ほどありますが、実際に使ってみると面倒で続かなかったという人も少なくないでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「MyFitnessPal(マイフィットネスパル)」。スポーツ用品メーカーの「アンダーアーマー」が提供していることもあり、効果に期待できるかも! 早速1週間試してみました。

 

■こんな人におすすめ!

結論から言うと、“ダイエットをしたい人”と、“栄養成分を見直しながら身体を鍛えたい人”に向いているアプリでした。

カロリーの表示だけでなく、細かな栄養成分も表示してくれるので、どの栄養成分が足りないのか、逆に摂取しすぎているのはどれなのかを確認できます。

たんぱく質や炭水化物の摂取量を具体的に知ることで、健康管理に役立ちます。また、身体を鍛えている人なら、たんぱく質が気になることでしょう。

 

■「MyFitnessPal」のキホン

「MyFitnessPal」は、目標体重を設定し、カロリーや栄養素の記録ができるカロリー計算アプリです。iOSとAndroidの両方に対応しています。

食事を記録することで、カロリー計算ができるのはほかのアプリと同じ。さらに、「減量」、「現状維持」、「増量」の3パターンに対応しているのが特徴です。

MyFitnessPalでできることは、大きく分けてふたつ。

 ̄浜楷浜をする

⇒想の体重を計画的に達成する

食べたものを記録して、日々のカロリーや栄養素を計算します。目標を設定すると、1日に摂取可能なカロリーが表示され、その日食べていい残りのカロリー数が確認できます。

数字で管理すれば、空腹じゃないのに何となく食べてしまうという状況も防ぎやすいでしょう。

登録方法はいたってシンプル。アプリを起動して、「アクティビティレベル」として一日の自分の行動パターンを選択。続いて、身長や体重、目標体重、そして1週間にどの程度体重を減らしたいのかなどを設定します。

設定が完了すると、1日の摂取カロリー目標が表示され、食事の記録を開始できます。

食事の記録は、朝食、昼食、夕食から選択できます。ここでは朝食を選択。「シリアル」を検索すると候補がたくさん出てきました。一番近い品目を選択して、大体の分量を入力するだけでいいのも長続きしそうなポイントですね。

しかし、“目標の体重に合わせて摂取カロリーを設定”し、朝、昼、晩、間食で食事を調整できるだけならほかのアプリと同じ。このアプリならではのところはどこにあるのか。特長を3つご紹介します。

 

■「MyFitnessPal」のここがイイ!

.弌璽魁璽疋好ャン機能で登録の手間なし

ますは「バーコードスキャン機能」。

商品に記載されているバーコードで簡単にカロリーを記録できちゃうんです。画面右上にあるバーコードマークをタップすると…。

▲ウィダーinゼリーをスキャン

カメラに切り替わり、バーコードを向けると瞬時にデータが表示されました。

品名を検索せずとも、バーコードをピッと認識するだけで、その商品のカロリーや栄養成分が記録されるのでとても便利。ただし、すべての品目のバーコードに対応しているわけではないので、反応しない場合もあります。

外食や手料理などの場合は、品名を検索して近いものを選べばOKですが、コンビニメニューの入力などにも使えます。

 

検索機能で入力も簡単

よく食べる品目は、名前を付けて保存しておけます。

たとえば、「生姜焼き弁当」で探したら、「オリジン弁当」などの外食も選択肢にあがったので驚きました。「保存」をタップすれば、次回の入力を簡略化できます。

 

E佻燭任るエクササイズ項目は350種類

1日の運動量を測定するには、ポケットにスマホを入れておくだけでOK。スマホの加速度センサーで歩数を測定できるので、その日の歩数が「エクササイズ」として記録されます。

さらに、ランニングなどの有酸素運動に対応した350ものエクササイズ項目もあり、入力した運動量が計算され、食べられる残りの量が調整されます。

身体を鍛えることが目的の人は、トレーニングメニューを記録しつつ、カロリー消費量も確認できるので一石二鳥ですね。

 

■実際に使ってみた成果は?

1週間使った結果、0.4kgの減量に成功しました。目標値が、1週間に0.5kgの減量だったので、少しだけ及びませんでしたが、筆者としては満足な結果です。この調子で続ければ、1か月に-1kgも夢じゃないですね。

また、日々の食生活で、炭水化物を多めに摂取しており、脂肪とたんぱく質が足りてないという気付きもありました。実際に1週間使ってみて、手間も時間もかからなかったので、これなら何となく続けられるかもと思いました。

*  *  *

目的は、ダイエット・現状維持・筋肉をつけるために増量など人それぞれ。日々の食生活を見直すきっかけに一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

(取材・文/中川美紗

なかがわみさ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」に所属。「旅」と「アート」が大好き。情報が目まぐるしくアップデートされるスマホやウェブサービスに立ち向かいながら、webメディアを中心に記事を執筆中。