2日、韓国メディアによると、韓国・大邱の2.28記念中央公園前に設置された慰安婦少女像にキスしようとする男性の写真がSNSに掲載され、韓国ネットユーザーの間で物議を醸している。写真は韓国釜山の慰安婦少女像。

写真拡大

2017年10月2日、韓国・聯合ニュースによると、韓国・大邱の2.28記念中央公園前に設置された慰安婦少女像にキスしようとする男性の写真がSNSに掲載され、韓国ネットユーザーの間で物議を醸している。

大邱のニュースを伝えるフェイスブックのアカウントに1日、「僕は大変なことをした」という文章と共に2.28記念中央公園の慰安婦少女像にキスをしようとする男性の姿が写った写真が掲載された。同文章には「頭がおかしくなったのか?」「一体何をしているんだ!」など写真の男性を批判する内容のコメントが数多く寄せられた。現在、元の文章と写真は削除されている。

同慰安婦少女像を建立した団体の関係者は「少女像に傷は見つかっていないため、とりあえずはハプニングと受け止めている」とし、「同様のことが続いたり、少女像が傷つけられた場合には周辺の監視カメラを確認して対処する」との考えを明らかにした。

8月には慶尚北道の尚州で慰安婦少女像の顔の2〜3カ所に長さ3〜4センチの引っかき傷とみられる跡が見つかり、警察が捜査に乗り出していた。

この報道に、韓国のネットユーザーからも「少女像にセクハラ?信じられない」「注目されたかったのだろうけど、やっていいことと悪いことの区別はするべき」「誰がそんなひどいことを?本当に韓国人なの?」など男性に対する非難の声が相次いでいる。

また、「いたずらされないように今後は少女像をもっと高い位置に設置しよう」と提案する声も。

一方、こうした声に対し「少女像がそんなに大切?韓国人は何十年も昔のことをいつまで引きずるのか…」とため息交じりのコメントを寄せるユーザーや、「余計な問題を引き起こす少女像を撤去しよう。過去に執着せず、日本を経済指数で追い越そう」と主張するユーザーもみられた。(翻訳・編集/堂本)