出征兵士を見送る人々 共同通信社

写真拡大

 幕末維新の立役者のなかでも、なぜ結果的に“敗軍の将”となった西郷が後世の日本人に英雄視されるのか。社会学者・橋爪大三郎氏によれば、そこに、近代日本を読み解くヒントがあるという。橋爪氏が解説する。

 * * *
 西郷隆盛には、いつでもどこか、死の影がつきまとっている。西郷隆盛は、有能な軍指揮官だった。政略と戦略の原則をわきまえ、部隊を統率し、勝利に導いた。江戸の無血開城に成功したのはそのハイライトだ。

 まず要衝を押さえて、江戸を力攻めできる構えをとる。つぎに単身、敵中に乗り込んで、有利な和平を呑ませる。自らを捨て石にする豪胆な行動が、説得力をもった。交渉術に、西郷の本質がにじみ出ている。

  勝海舟は海軍である。海軍は、列強から艦船を輸入し、兵員を訓練して、いちから軍を編制する。開明的で合理的であるほかない。西郷隆盛は陸軍である。薩摩藩士に優秀な装備を与えて、国内を転戦する。伝統的人間関係のうえに、指揮統率が成り立っている。

  幕末の課題は、どのように集権的な政体をつくり出し、列強の軍事圧力をはねのけるか、だった。多くの志士たちが脱藩して、その道を模索したが、敗れ去った。代わりに主力となったのは、改革派が藩を乗っ取った、雄藩の連合だった。 その指導者らが、新政府の中枢のポストに就いた。

 西郷はそれに加わらず、戊辰戦争が終わると、多くの藩士とともに薩摩に戻った。そのあと数年、西郷は薩摩で、下級武士の待遇を改善する藩の改革にエネルギーを注いでいる。薩摩の下級武士は、他藩と違い、農業経営にも従事する独特な存在だという。ユンカーに似ている。

 ドイツの東部に多いユンカーは、貴族とは名ばかりの零細な農場主で、プロイセン軍将校の俸給で家計を支えていた。皇帝に忠実な保守勢力だ。土地は世襲だが、将校の地位はそうではない。競争しつつ世代を越えて、ユンカーは、ドイツ近代化を支える勢力のひとつであり続けた。

 薩摩の下級武士たちは、戊辰戦争の勝利に貢献し、天皇の軍隊としての誇りとささやかな報酬をえた。復員した後も、それにふさわしい処遇を求めたろう。だが新政府は、彼らに行政ポストを与えることができない。ユンカーのように、継続的に軍務につけるわけでもない。彼らの不満は、彼らに親身な西郷に、自然と託されるようになる。

  西郷隆盛は数年して、求めに応じ、中央政府に出仕する。そして、征韓論に敗れ、下野する。この事件も西郷の理解に不可欠だ。

 韓国が「非礼」を繰り返している。何らかのアクションが必要だ。朝鮮半島は日本の安全保障にとって、決定的に重要だ。このように、政府指導者の認識は一致していた。問題はそのタイミングだった。

 西郷はただちに、使節を派遣すべきと主張した。自分を使節にせよ。軍を伴わずに、外交使節として単身乗り込む。非礼なりと、殺害されることを覚悟する。それで名分が立ち、天皇のもとに日本が一致団結して、戦争ができる。戦争を通じてナショナリズムが育つことを念願した。

◆特徴と弱点

 ここに西郷隆盛の、特徴と弱点が現れている。 西郷には、集権的な国家が必要だという認識はあったが、制度の構想がなかった。自分の私心のない真心が、その代わりだった。

  韓国が日本を非礼とみなすのは、天皇を戴く独立した国家だと認めろと、韓国に外交関係を迫るからだ。韓国に韓国の思考法があることは、真心ではどうしようもない。西郷の発想がまず、どうしようもなく自己中心的である。

 制度のないまま出来た新政府は、行きがかりで権力の座につく人びとと、根拠のないままそこから排除される人びとを、生み出さずにおかない。平時、その垣根は乗り越えられない。戦時は、それが解消する。西郷には、ナショナリズムが定着するため、韓国との戦争が最善に思えた。岩倉具視や大久保利通は、時期尚早だと反対した。この政変で、西郷と共に下野した板垣退助、後藤象二郎、江藤新平、副島種臣らは、不平士族の乱や、自由民権運動の中心となる。

 制度のない新政府は「有司専制」(集団指導による専制政治)とならざるをえない。排除される「不平士族」はこれを、権力のための権力、権力の私物化、と非難する。

 西郷はこの両方の側に属した。権力を行使する人びとの内情に通じ、しかも、権力のリアリズムを超えた真心が可能であると夢想した。権力を私物化していない証に、自分の命を犠牲にする「至誠」の覚悟を信じた。個人倫理で制度の欠陥を乗り越えようとする、日本右翼の原型である。だから内村鑑三は、西郷を「代表的日本人」とよんだ。

◆政治的ニヒリズム

「有司」と「不平士族」の分裂を、制度によって克服しなければ、近代ナショナリズムは成立しない。その制度を求めるのが、自由民権運動であった。政府もそれを受け止め、大日本帝国憲法を制定した。

 ユンカーと違って制度を理解しなかった旧薩摩藩士は、西南戦争をひき起こした。西郷隆盛は、制度を理解せず権力に反対する、彼らのシンボルになった。

 死を恐れない資質は、優秀な軍人であることに通じる。西郷の軍指揮官としての優秀さは、誰もが認めるところだった。西郷は、唯一の陸軍大将だった。だが死ねばよいという考えは、政治家の資質に問題を生じる。政治家の任務は、人びとの幸せな生活を確保すること。死ねばその任務に従事できない。死は、政治的ニヒリズムの徴である。

 制度を考えず、現実を考え抜くつもりのない人びとは、死に惹きつけられる。右翼の本質は、重要なものが奪われた喪失感を、死を賭した行動で埋め合わせようとすることだ。その行動の結果、喪失が深くなるばかりなのに。

 大日本帝国憲法は、制度を理解しない人びとのあいだではうまく機能せず、対米英戦争に帰着した。制度を超えたロマン的心情を代弁するものとして、西郷隆盛は日本人の、心の深層に伏流する。対米英戦争は、かたちを変えた征韓論だったとも言えるのである。

【PROFILE】橋爪大三郎●1948年生まれ。社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。主な著書に『はじめての構造主義』、『ふしぎなキリスト教』(大澤真幸氏との共著)など。最古にして最大の友愛結社を社会学的に考察した小学館新書『フリーメイソン 秘密結社の社会学』が発売中。

※SAPIO2017年10月号