ニクソン訪中はキッシンジャーがお膳立てした(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 国連総会で「必要なのは対話ではない、圧力だ」と断言し、選挙でも「国難突破解散」と対北朝鮮を前面に押し出す安倍晋三首相。強気の発言を支えるのは、“自分にはトランプ大統領という強い味方がいる”との安心感だろう。しかし、かつて訪朝して金日成と会談したことがあるジミー・カーター元大統領が現在の状況を見て、「私が大統領だったら平壌に行くか、最側近を今すぐ派遣する」とジョージア州・アトランタにおける講演で述べ、この説がアメリカでは否定的に扱われていないことから、にわかに「トランプ電撃訪朝」へ向けた動きが見え始めた。

 カーター提言とは別のところでも、電撃訪朝を密かにお膳立てするような動きが進んでいた。

 今年に入って元米政府高官らが米朝間の「非公式協議」の存在を明らかにしてきたが、その中に「重要な意味を持つ会合があった」とトランプ政権高官とのパイプを持つ、国際政治評論家の板垣英憲氏が話す。

「昨年11月17〜19日の3日間、スイスのジュネーブで米朝の秘密会合が開かれました。米国側の出席者は国務省のロバート・アインホーン元調整官、ジョエル・ウィット元北朝鮮担当官という対北朝鮮外交のスペシャリスト2人。一方の北朝鮮側は崔善姫・外務省米州局長と張日勲・国連次席大使で、こちらは金正恩の最側近2人。

 会談の最大の目的は、『米朝国交正常化・国交樹立・平和友好条約締結』の実現に向けた交渉だったと聞いています。この会談をセットしたのがヘンリー・キッシンジャー氏でした」

 ニクソン政権とフォード政権で大統領補佐官や国務長官を務めたキッシンジャー氏について、前出の春名氏はこう評する。

「トランプは彼のことを非常に尊敬しており、早くから“外交顧問”として信頼を置いていると言われています。トランプが国務長官にティラーソンを据えたのも、キッシンジャーのアドバイスによるものだったとされています」

 2人はこれまでホワイトハウスで会い、対ロシア政策やシリア情勢など米国が直面する困難な外交問題について意見を交わしてきた。

 この会合の成果は明らかになっていないが、第2弾として、今年5月にノルウェーの首都オスロで再び非公式会合が開かれていた。

 その存在を去る9月に明らかにしたのは、韓国の康京和・外相だ。韓国国会の「外交統一委員会」で康外相が話した内容によると、米国側の出席者はジョン・ボルトン元国連大使ら8人。北朝鮮側は前出の崔善姫・米州局長らが出席したという。

 その席で、崔局長は「米国が、我が国への敵対政策をやめるなどの条件が整えば、トランプ政権との対話に応じる」と話し、さらに「条件付きの核開発中断」にも言及したという。康外相の答弁はここまでだったが、この「核開発中断」の条件について、板垣氏が補足する。

「私が米政府高官らから得た情報によると、この会合では米朝間で具体的な合意案が交わされたそうです。内容は“米国が北朝鮮を核保有国として認める代わりに、北朝鮮は核拡散防止条約(NPT)への署名・批准、および核軍縮体制への協力を約束する”というものです。北朝鮮を核保有国として認めることになりますが、彼らの核開発を可視化した上で、管理下に置くという現実的な外交戦略です。

 この合意案を踏まえて米朝国交正常化交渉を進め、どこかの節目でトランプの訪朝を実現するロードマップの作成が秘かに準備中だとされています。2つの会合に出たアインホーンとボルトンはともにキッシンジャーの側近です」

 板垣氏によれば、5月以降も米朝首脳会談実現に向けた両国の水面下での折衝が続いており、この10月中にも、再びオスロで非公式会合が開かれるとの情報が流れているという。交渉が水面下で行なわれている。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号