©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

さまざまなゲスト有名人の「学生時代の同級生が今何をしているか?」を調査する番組『あいつ今何してる?』。

10月4日(水)に放送される同番組の3時間スペシャルに、元サッカー日本代表GKで、現在も現役で活躍する川口能活が登場する。

©テレビ朝日

1975年、静岡県富士市に生まれた川口は、「キャプテン翼」の影響で9歳からサッカーを始め、小学校4年生からゴールキーパーに専念。18歳で横浜マリノスに入団、20歳のときに出場したアトランタ五輪では、強豪ブラジルに勝利した“マイアミの奇跡”の立役者となった。

その後、日本代表のGKとして活躍。42歳となった現在も、J3のSC相模原で現役選手としてプレーしている。

 

◆超完璧なサッカー仲間登場!

そんな川口が気になる同級生として名前をあげたのは、サッカーのライバルだった男子。頭も良く、人望もあり、サッカーも上手。さらに女子にもモテ、何をやらせても完璧だったという。

2人は川口がキャプテン、彼は副キャプテンという関係性で、小学校から中学の途中までライバルとして見ていたが、勉強では川口もかなわなかったとか。

川口も認めるほどサッカーがうまかった彼は今、何をしているのか?

さらに、車が好きだった川口と車の絵を描いて遊んでいたという同級生の男子も登場。サッカー仲間の2人から見た当時の川口少年とは? そして、彼も川口をライバル視していたのか?

また、この日の3時間スペシャルでは、川口のほかに有賀さつき、西田ひかる、そして番組MCネプチューンの堀内健の知られざる素顔も明らかになる!