白洲迅がエリート童貞、片山萌美がセクシー官僚に『オトナ高校』スピンオフ配信決定

写真拡大

三浦春馬が東大卒エリートの童貞=“チェリート”を演じることで話題の新ドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系列、毎週土曜23:05〜23:59)が、10月14日よりスタート。これに先がけ、白洲迅が主演を務めるスピンオフ作品『オトナ高校 エピソード0』の配信が決定した。

『オトナ高校』は、深刻な少子化問題に歯止めをかけたい政府が打ち立てた「第ニ義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」への入学を義務付けられた主人公・荒川英人(三浦)を中心に、様々なタイプの恋ヘタ学友たちが、卒業条件である“童貞卒業”を目指して成長するストーリー。

そして『エピソード0』で描かれるのは、衝撃的な法案を生み出した若き官僚たちの物語。異性との性体験のない30歳以上の男女“やらみそ(=ヤラないまま三十路)”たちに、本当のオトナになるための英才教育を受けさせるという無謀とも言われた前代未聞の法案は、いかにして誕生し制定されたのか。陰謀渦巻く政治の世界で、国の未来を“本気”で考えた“名もなき国家公務員”の奮闘ドラマが、社会派作品もビックリの(!?)熱さ、そして本編に勝るとも劣らないコミカルなテイストをふんだんに織り交ぜじっくり描かれる。

国を大きく変える大胆な法案を考案した若手官僚役には、白洲と片山萌美が決定。白洲が演じるのは、やる気に満ちた熱いエリート官僚・宇野颯太だ。性体験のない友人の「どうして学校で手順を教えてくれなかったんだ……」という嘆きを議会で打ち出し、「第ニ義務教育法案」を成立へ導こうとする宇野だが、実は彼も隠れ童貞。「愛される童貞くんを演じたい」という熱い思いを胸に、白洲が“霞が関のチェリート”を、顔芸も披露しながら愛嬌たっぷりに演じる。

そして片山が演じるのが、宇野を翻弄するエリート官僚・小牧美和。政界進出も目論む野心家で、「第ニ義務教育法案」を思いついた張本人。法案成立に向けてタッグを組んだ宇野をセクシーな言動で振り回すが、その根底には“ある思惑”が潜んでいた。

白洲は「マンガのようなぶっ飛んだ設定に“これがオリジナルドラマ!?」と驚きました。そんな高校を作った若手官僚役、そして主演ということで嬉しかったです。宇野は、男なら誰でも経験する“童貞くんならではのせめぎ合い”の権化。そんなこともあって、世の童貞くんが共感できるような“愛される童貞くん”を演じられたらと思いました。コメディ色が強い作品なので、僕もかなり“うるさい芝居”をしています(笑)。もう8割くらい顔芸です(笑)! 普段の演技でなかなかしない表情をしています」と見どころをアピール。片山については「すごく真面目。きっと熱い方なんだろうと感じました。一緒にお芝居をしていると、その熱量に押される部分もあってすごくやりやすいです」と信頼を寄せている。「ぶっ飛んだ内容で、何も考えずに笑って見てもらえる作品。かと思いきや、少子化問題といった今の日本の問題をリアルに、かつタイムリーに扱っています。世の童貞くんに共感していただきたいのはもちろん、もう一歩踏み出す力をこの作品からもらったと言っていただけたら、最高に嬉しいです!」と語っている。

そして片山は、「オトナ高校」という奇想天外な設定について「ビックリしました! 普通だとピー音で隠すようなセリフも飛び出す、ものすごい設定。でも今の風潮を考えるとあり得なくもない話なので楽しみでした」とコメント。役については「これまで巡り合えなかった“難しい言葉を使う役”を頂けたことも嬉しくて! カッコいい女性でありながら、ちょっと謎めいた部分もある魅力的な役なのでワクワクしました。監督からはみんなを説得するように、熱くセリフを言ってほしいと言われたので、一生懸命さを出すよう意識しています。会議シーンでは“内閣府”など私が普段口にしない言葉がたくさん出てくるんですが(笑)、自分が理解できていない言葉は伝わらないと思ったので必死で勉強しました。雰囲気の部分では、宇野くんがなぜ彼女に惹かれるのかが分かるような可愛らしさ、セクシーさを意識しています」と語る。白洲については「人見知りらしく、最初は会話でも素っ気ない印象でしたが、慣れてきたらどんどんイジってくれるようになって。お芝居でも果敢に顔芸に挑むなど、熱心で魅力的な方なので、彼を際立たせられるお芝居をしたいです」と心強い発言をしている。

このほか、大和田伸也、金田明夫、ブラザートムといったベテラン俳優が出演し、作品を盛り上げる。

『オトナ高校 エピソード0』は、10月8日(日)22時より、無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV」とauの動画配信サービス「ビデオパス」にて配信される。