G大阪の井手口陽介、実はFKを蹴りたくないらしい…なんで?

写真拡大

8月に行われたワールドカップ予選、オーストラリア戦の活躍が記憶に新しい井手口陽介。

今季は自慢の守備だけでなくゴールに直結する働きも目立っており、ここまでのJ1ではアシストを7つもマークしている。

ガンバ大阪には遠藤保仁という絶対的存在がいるにもかかわらず、セットプレーを任される機会も多くなり、アルビレックス新潟戦とセレッソ大阪戦ではそれぞれフリーキックとコーナーキックからゴールを演出している。

そんな井手口が、ガンバ大阪の応援プログラム「GAMBA FAMiLY」に登場。

セットプレーについて聞かれると、意外な事実を明かしてくれた(03:34から)。

井手口 陽介(ガンバ大阪)

―これまでは全体的に遠藤選手がフリーキック、コーナーキックを蹴る機会が多かったですけど、井手口選手が任される機会も多くなりましたけど、そこに関しては『よっしゃ』っていう?

「いや、あんまり蹴りたくないです(笑)」

―蹴りたくないの?!なんで?!

「なんかミスしたら申し訳ないし、ごめんってなるから(笑)。あんまり蹴りたくないです」

―例えばホームだと、ゴール裏のサポーターをすぐ背中に感じながら蹴るコーナーキックっていうのはどうなの?プレッシャーになるの?

「蹴る前はそんなに思わないですけど、バーンってミスした時に『うわ、恥ずかし』って思う…。だからあんまり蹴りたくないです」

―じゃあ、遠藤選手がピッチにいれば…

「蹴ってくださいって思ってます」