@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

日産リーフNISMOコンセプトとは?

日産リーフ新型に、NISMOバージョンが登場するようだ。

これは、昨日開催された「日産フューチャー」というイベントで、イメージ画像だけが公になったモデルである。若いドライバーにアピールすることを狙った新型車になるのだという。

たった一枚のイメージ図であるが、
・アグレッシブなダンパー
・深くえぐれたサイドスカート
・専用ホイール
を確認することができよう。
 

アルフォンソ・アルバイサのコメント

以前、同社チーフデザイナーのアルフォンソ・アルバイサがAUTOCARに対し、「もっとレーシーな」NISMOバージョンを投入して、イメージ志向の強いユーザーに新型リーフをアピールしたい、と話していた。先代リーフが苦手とした客層が、まさにそういう顧客だったのである。


「先代リーフのデザインは、大衆受けするポピュラーなものではなかったのです。セールスに貢献するような外観ではありませんでした。しかし新型は、ロー・アンド・ワイドで、スポーティです。マーケットで大きなアピールをすることができるでしょう」
 

さらに「リーフE-プラス」も?

アルフォンソ・アルバイサによれば、リーフ用のNISMOパーツを開発することは容易であるという。なぜならば、ジュークをはじめ、これまでにも多くのモデルにNISMOバージョンが存在してきたからだ。

さらに、2019年には、ホットバージョンの「リーフE-プラス」も登場する予定だ。バッテリー性能を高め、ストラクチャを強固にした仕様になる見込みである。