デュッセルドルフに所属する宇佐美貴史【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間2日にドイツ2部・第9節の試合が行われ、デュッセルドルフはMSVデュースブルクと対戦。ロウベン・ヘニングスなどが得点を積み重ね、デュッセルドルフが3-1の勝利をおさめている。

 デュッセルドルフに所属する宇佐美貴史はベンチスタートとなった。試合開始して2分、ヘニングスが先制点を決めると、立て続けに6分にもジマーが追加点を決める。そして55分にもラマンが得点を決めた。ただ、直後の57分に1点を返されてしまう。

 宇佐美は69分、ラマンとの交代で途中出場を果たした。その後はお互いに追加点はなく、デュッセルドルフは3-1の勝利をおさめている。勝ち点3を積み上げたデュッセルドルフは首位をキープした。

text by 編集部