今回の代表戦期間では、欧州選手権予選にのぞむドイツU21代表だが、今回はホッフェンハイムのナディーム・アミリ、そしてミュンスターのニルス・ケルベルが辞退。さらにマインツのレヴィン・エズトゥナリが少なくとも出遅れることが明らかとなった。

ドイツユース代表は予選初戦のコソボ戦で好調な出だしをみせており、今回は金曜にアゼルバイジャン戦が、さらには火曜日にはノルウェー代表戦がそれぞれに控えている。

だがミュンスターのGKニルス・ケルベルが負傷により不参加となったのに続き、ホッフェンハイムのナディーム・アミリも復調を果たせずに今回は辞退することになった。


その一方でデュッセルドルフのフロリアン・ノイハウスが月曜に試合が行われたことから合流が遅れ、さらにドルトムントのフェリックス・パスラックも個人的な事情で水曜から合流するほか、腰と臀部付近に問題を抱えるレヴィン・エズトゥナリも、とりあえずはマインツに残りまずは回復につとめることが明らかとなっている。

またグラードバッハから、モリッツ・ニコラスが今回はじめてU21代表招集を受けた。