これ一発でエンジンが復活するアイテム…の意外な盲点

写真拡大 (全12枚)

あ、エンジンかからない……バッテリーが上がっている! そんなとき、周りにほかのクルマがいれば助かることもあるけれど、そうじゃない場合はロードサービスをひたすら待つだけ……そんな事態から救い出してくれるのが、これからご紹介する「ジャンプスターター」です。今回はAmazon人気モデル3製品を比較しました!


実際にバッテリーを上げて
テストを行いました


いざクルマに乗ろうとしたとき、バッテリーがあがってエンジンがかからなくなることほど絶望的なことはありません。ましてや助けてくれるほかのクルマがない状況では完全にお手上げ。

そんな時にあなたを救ってくれるのが、バッテリーにつないでエンジンをかけられる、ジャンプスターターです。今回は3つの製品を比較しましたが、使ってみて分かったのは「安心感」に大きな差があるということでした。

検証方法



2.0Lのクルマのバッテリーを落としたのち、30回のスタートテストを行いました。ちなみに、テストのためクルマのエアコンなどを着けっぱなしにしてバッテリーが上がるまで待機しましたが、これが案外長くて辛かった……というのは余談ですね。


ケーブルの長さと質が
一番の安心感



CAR ROVER
ジャンプスターター 14000mAh
実勢価格:6899円
バッテリー容量:14000mAh

エンジンスタート回数:30回クリア



30回クリア後も残量56%と表示。このパワフルさは見事です! しかし、それよりも「あ、これ便利」と実感したのは、ケーブルが長く、質がよかった点にあります。



上写真の右2つは同時に比較したほかの製品のケーブルで、左が本製品です。ケーブルをバッテリーのプラスとマイナスにつなぐ時にギリギリの長さしかないと、何かのはずみで外れてしまわないかとハラハラしますが、本製品だけは余裕がありました。

また、付加機能が多いのもポイントです。

まずはLEDライト。ストロボ点灯、SOSモールス信号点灯など3段階に切り替えることができます。



モバイルバッテリーとしても使えます。他製品も同様の使い方ができますが、本製品は付属のケーブルの充実さがハンパない!



ご覧の通り、iPhone、iPad、Androidなどに対応し、USBポートも2口あります。

ジャンプスターターとしての性能、そしてこの汎用性の高さ。満場一致でベスト選定となりました。


Amazon最多レビューも
十分なスタート回数



BESTEK
ジャンプスターター 12V専用エンジンスターター
実勢価格:5980円
バッテリー容量:13600mAh

エンジンスタート回数:30回クリア



こちらもテスト自体は軽々とクリアできました。が、スタート自体には安定感があるのですが、ケーブルの長さが結構ギリギリ。使っている最中に何らかの衝撃があった場合には外れてしまわないかと心配になりました。


コンパクトがウリ
世界最小サイズ



ZELLA
V12マルチチャージャー
実勢価格:7980円
バッテリー容量:7500mAh

エンジンスタート回数:29回で終了



コンパクトなサイズですが、そのぶん、パワーも少なめ。ケーブルも短く固いため、ちょっと怖かったです。

ただ、210gという軽さは魅力。スマホを持つような感覚で持ち運べるので、車種が合えば最適な相棒になるかもしれません。


購入前に絶対確認すべき
バッテリーのタイプ



バッテリーのプラスとマイナスの距離が大きいタイプは、ケーブルが届かない可能性があります。ジャンプスターターを購入する前に、この点は必ず確認してください。

愛車の窮地を救ってくれるジャンプスターター。寒い時期が到来する前にぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。ただし、マメな充電はお忘れないようご注意ください!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。