バルサ戦で負傷の柴崎岳が左足中足骨亀裂骨折で手術…ヘタフェは無事に成功と発表

写真拡大

▽ヘタフェは2日、日本代表MF柴崎岳が左足中足骨亀裂骨折の手術を受けたことを発表した。離脱期間は明かされていない。

▽柴崎は、16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のバルセロナ戦に先発。39分にボレーシュートから1部初ゴールとなる一発を決めたが、後半早々に左足を痛めてピッチを退き、20日に行われた翌節のセルタ戦を欠場した。

▽柴崎の手術は成功したとのこと。離脱期間は明かされていないが、負傷した際にヘタフェのアンヘル・トーレス会長が先日、「ガクは1カ月から1カ月半の離脱を強いられる」とコメントしていた。

▽柴崎は、今シーズンのリーガエスパニョーラで4試合に出場し1ゴールを記録していた。