モラタ、イニエスタ、カルバハルが負傷で代表合流回避、代役にアドゥリス、ジョナタン・ビエラ、オドリオソラを招集《ロシアW杯欧州予選》

写真拡大

▽RFEL(スペインサッカー協会)は2日、負傷により3選手が代表合流回避となったことと、3選手を追加招集したことを発表した。

▽負傷により代表合流を回避することになったのはFWアルバロ・モラタ(チェルシー)、MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ)、DFダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)の3選手。一方で追加招集されたのはFWアリツ・アドゥリス(ビルバオ)、MFジョナタン・ビエラ(ラス・パルマス)、DFアルバロ・オドリオソラ・アルザリウス(レアル・ソシエダ)の3選手となっている。

▽フレン・ロペテギ監督率いるスペインは、7日にアルバニア代表との2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選をホームで、同10日に同じくイスラエル代表戦を敵地で迎える。グループGで2位のイタリア代表に勝ち点3差をつけて首位に立つスペインは、今回の2試合で1勝1分けの成績なら本大会行きを決めることができる。