柴崎岳が左足手術を受けたことが正式に発表になった

写真拡大

 ヘタフェは2日、MF柴崎岳が左足中足骨骨折のため手術を受け、現在はリハビリ期間にあることを発表した。

 柴崎は9月16日のバルセロナ戦で移籍後初ゴールを決めたあと、同試合の後半9分に負傷退場を余儀なくされていた。

 柴崎の負傷については報道が先行していたが、クラブがようやく公式発表した。

 『マルカ』によると、「12月までピッチを離れる」とのこと。年内復帰の希望もあるようだが、万全の状態で戻ってきてほしい。


●海外組ガイド

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集