雨の中、練習するMF倉田秋

写真拡大

 招集されなかった理由は自分でも分かっていた。しかし、テレビで見る光景に悔しさを覚えないわけがなかった。6月以来の日本代表復帰となったMF倉田秋(G大阪)は前回の代表で落選。日本が6大会連続6回目のW杯出場を決めた8月31日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(2-0)はテレビで観戦していたという。

「このチームの目標はW杯出場。W杯に行かないと意味がないし、最初は良かったなと思ったけど、途中からそこに自分がいられない悔しさや歯がゆさが出てきた。こうしてまた呼ばれたので、それを今回はぶつけたい」

 当時の心境を正直に打ち明けた倉田だが、前回の落選自体は「自分がやるべきプレーがJリーグの試合でできていなかったから呼ばれなかった。できていないのは自分でも分かっていたい」と、冷静に受け止めていた。「初心に帰って、その後は自分のプレーができつつあったから今回は呼ばれたと思う。コンディションはJリーグでも相当上がってきている。それを出せれば」と、自信を持って再び代表に帰ってきた。

 ハリルホジッチ監督は6日のキリンチャレンジ杯・ニュージーランド戦(豊田ス)、10日の同ハイチ戦(日産ス)でターンオーバーを示唆しており、これまで出場機会に恵まれなかった選手にもチャンスが訪れそうだ。来年のロシアW杯まで9か月を切り、W杯メンバー23人入りを懸けたサバイバル競争が本格化する中、「このチャンスをつかむか、つかまないかは自分次第。最後のチャンスだと思うし、死に物狂いでやりたい」と意気込んだ。

(取材・文 西山紘平)