悪童バロテッリ、激怒で広告板を強烈パンチ 守備崩壊で感情爆発「反省しやがれ!」

写真拡大

酒井宏樹所属のマルセイユ戦、バロテッリが開始4分弾 2-0とリードもそこから逆転負け

 フランス1部のニースに昨季加入した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、ピッチ外での振る舞いで注目を浴びている。

 1日に日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユと対戦したニースは、バロテッリのゴールで先制するも2-4と逆転負け。ハーフタイムに激怒したバロテッリは、ローカールームへ引き上げる際に怒りのパンチを見せていた。

 試合は開始4分に、バロテッリのゴールでニースが幸先良く先制に成功。さらに同16分には、コートジボワール代表DFジャン・ミシェル・セリが追加点を決めて、ニースがリードを広げた。ところがその10分後、同26分にマルセイユFWルーカス・オカンポスに1点を返されると流れが徐々に変わり、同41分にオウンゴールで2-2の同点。さらに同44分には再びオカンポスに決められ、マルセイユに2-3と逆転を許すまさかの展開となった。

 ハーフタイムに両軍の選手がロッカールームへと引き上げるなか、バロテッリはプレスボードの横を通り過ぎる際、崩壊した守備に怒りを爆発させ、「反省しやがれ!」と吐き捨てながら思い切り右手でボードを殴り、感情を発散させた。ちょうどこの場面が撮影されており、各国メディアで取り上げられるなど大きな話題となっている。

 結局、試合は後半3分にマルセイユのブラジル代表MFルイス・グスタボに追加点を奪われ、ニースは2-4と屈辱の逆転負け。後半21分にグスタボが一発退場となり、数的優位となったニースだったが、フル出場のバロテッリはこの日2ゴール目を挙げることはできなかった。

英紙「ニース崩壊に怒り狂う」と報道

 フランス紙「フィガロ」は、「情熱的なイタリア人ストライカーは、強烈なパンチを広告板にお見舞いした」と伝えれば、英紙「デイリー・ミラー」も「ニースの崩壊に怒り狂うバロテッリ」と報じた。バロテッリの怒りのパンチは、各国メディアから大きな注目を浴びたようだ。

「フィガロ」紙は、バロテッリの開始4分弾で好スタートを切ったニースが、あれよあれよという間に逆転された展開について「シナリオは悪夢に変わった」としている。

 バロテッリはリバプールやミランで期待を裏切り続け、ついにはミランから追われるような形でチームを去り、昨年夏に移籍金ゼロでニースに加入。昨季は23試合15得点と復活を遂げるなど素行は優等生そのものだったが、守備崩壊によって悪童の一面が顔を覗かせてしまったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】J+1‏公式ツイッターに投稿、バロテッリが守備崩壊で激怒、広告板に怒りのパンチをお見舞いする様子

https://twitter.com/jplusun/status/914613441142370305

J+1‏公式ツイッターに投稿、バロテッリが守備崩壊で激怒、広告板に怒りのパンチをお見舞いする様子