ハリルが否定した日本の「ポゼッション信仰」 強豪国に勝つために必要な要素とは?

写真拡大

代表メンバー発表会見の席上で熱弁 デュエルの重要性を改めて強調

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が、9月28日に行われたメンバー発表の席で「ポゼッション信仰」に疑問を呈した。

 かつて指揮を執ったことがあるパリ・サンジェルマン(PSG)とバイエルン・ミュンヘンが激突したUEFAチャンピオンズリーグ第2節のスタッツを示し、3-0で勝利したPSGのポゼッション率は低かったがデュエルの勝率が高かったことから、これまで自身が強調してきたデュエル(1対1の決闘)こそ大事と述べた。

 この話に関して、一度に感想を言うのは難しいので分けてみたい。

 まずは日本サッカー界のポゼッション信仰――これはあるかもしれない。一概に良い悪いとは言えないが、育成年代においては特にパスをつなぐことが重視されている。

 かつて日本には「ダイレクトプレー信仰」というのもあった。こちらは「15秒以内にシュートしないと……」みたいな話。同じように「走行距離信仰」「スプリント数信仰」、そして「デュエル信仰」というものも、たぶん存在する。要するに日本人は数字に弱い、数字の読み方を知らないということだ。

 ボールポゼッションは、どちらがどれだけボールを持っていたかを示す数字にすぎない。走行距離やスプリント数、そしてハリルホジッチ監督推奨のデュエルにしても、すべてサッカーの一部分が切り取られた数字だ。ポゼッションが勝利に直結しないことくらい、もはやファンの間で実感として周知されていると思う。私はあまりスポーツ新聞を読まないのでよく知らないのだが、「ボール保持率が低い」という監督批判が本当にあったとしたら、それは単純にメディアが間違っているだけだ。

日本がカウンターに活路を求めるのは現実的

 ただ、デュエルが大事と力説するのはいいが、日本が例えばドイツやチリと対戦した際にデュエルで圧倒できるかと言えば、「無理」としか言いようがない。ハリルホジッチ監督がポゼッションなど問題ではなくデュエルこそが勝利の鍵だと言うのなら、攻守両面で勝たなければならないのだが、強豪国に日本がデュエルで勝てるとは到底思えないのだ。

 ハリルホジッチ監督の言うとおり、大事なのはゴール前である。敵ゴール前でいかに1対1に勝ってシュートを決めるか、あるいは自陣ゴール前でそれを防ぐのか。その攻防こそが重要という意見には、大いに賛同する。

 しかし、ここからの結論は監督とは異なる。だからこそ、日本にはポゼッションが必要なのだ。

 単純にチャンスの数(ピンチの数)が同じなら、日本は強豪国には勝てない。日本選手がシュートできない、またはシュートを外しているうちに、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドに決められて、0-2や0-3になっている。決定力も被決定機を阻止する力も、デュエルも劣勢なのだから、よほど運がなければ日本は負ける。

 日本に勝機があるとすれば、チャンスの数で圧倒し、ピンチがほぼないという展開に持っていかなければならない。ポゼッションで言えば70%以上、それ以外は、まぐれで勝てるかもしれないだけだ。

 ところが、日本はボールを圧倒的に支配しても、シンガポール相手にホームで1点も取れなかった実績がある。UAEにはホームで負けている。相手に引かれたら崩せないのだ。だから、強豪国に対してボールを70%保持して包囲できたとしても、チャンスの数は増えない。かえって日本が、相手のカウンターアタックの脅威に晒されるだけである。

 そもそも、強豪国相手に70%以上ポゼッションするというのは現状でハードルが高すぎる……、そうなると、ある程度相手にボールを持たせたうえで、それに耐えうる守備を構築し、カウンターを狙うのが現実的な戦い方だろう。

育成段階のポゼッションは否定せず

 カウンターアタックでも、相手とのデュエルには勝たなければならないが、守備での1対1や空中戦、セカンドボールの争奪戦といった様々なデュエルがあるなかで、攻撃時のスペースがあるなかでの1対1というデュエルは、日本人選手にとって最も相手に勝てる可能性が高いものだ。ボディーコンタクトを避けて、シュートへ持っていくことも容易にできるかもしれない。引いた相手をこじ開けるより、速攻の方がゴールの可能性を高められるというのは自明である。

 だから日本にとってポゼッションは重要ではない、デュエルこそが決め手である――ここまで説明してくれれば、もちろん強豪国に勝つためには運が必要になってくるものの、ハリルホジッチ監督の話は納得できる。

 長期的には、このまま運任せでいいのか、それともボールを70%握ったうえで、相手に引かれても崩せる“裏付け”を手にして強豪国を倒しにいくのか。後者を選択するなら、ポゼッションできる能力は必須だ。

 ポゼッションしていれば自然に相手が崩れるわけではないので、相手に引かれても崩せるという裏付けを手にすることが最優先だが、それでも相手のチャンスを減らすためにはボール支配率は必要になる。だから「ポゼッション信仰」に意味がないのは当然として、育成段階でのポゼッションを否定してはダメなのだ。

 つまりハリルホジッチ監督の話は育成への提言としては底の浅いもので、影響力のある代表監督が公式会見の場であえて口にする意味が果たしてあったのか、疑わしく思っている。単なる「ポゼッション信仰」に現場が陥っているのなら目を覚まさせる効果はあるのかもしれないが、むしろ問題は日本の育成現場もハリルホジッチ監督も、引いた相手を崩せる“裏付け”を示せていないことに尽きるのではないだろうか。

【了】

西部謙司●文 text by Kenji Nishibe

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images