10月の2連戦で代表初ゴールなるか?写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 2度目のハリルジャパン参戦となる杉本健勇が、10月シリーズの2連戦(6日/ニュージーランド戦、10日/ハイチ戦)に向けた意気込みを語った。
 
 J1得点ランク2位の16ゴールを挙げるストライカーは、日本協会を通して「ここで生き残れるかという戦いなので、自分は目の前の試合でまず頑張るしかないと思っています。ゴール前で勝負できるところを見せたいですし、やるべきことをしっかりやりたいと考えています」とコメント。代表デビューを飾った先月のサウジアラビア戦は不発に終わったが、今回の2連戦では点に絡む仕事でアピールするつもりだ。
 
 また、「フィジカルで戦うところは監督も求めていますし、世界ではもっと強いので、まずはニュージーランドやハイチとの試合で見せないといけません」とデュエルを重視するハリルホジッチ監督の要求に応える準備もしている。
 
 サイズがあり、水準以上のスピードと技術を備えた杉本は、ハリルジャパンの主軸になれるだけのポテンシャルを秘めた人材だ。「チャンスを与えられたら、強い気持ちでつかみたいと思っています」と語る点取り屋の活躍に期待したい。