kiLLa/画像は、SOUND MUSEUM VISIONの公式サイトより

写真拡大

ヒップホップクルー・kiLLaが初となるフィジカル作品『kiLLa EP vol.3 F.O.E [Family Over Everything]』、そしてメンバーのArjunaが1stアルバム『Lord Shaka』を9月27日に同時リリースした。

【次世代クルー kiLLaとArjunaが最新作を同時リリース リリパは超豪華の画像・動画をすべて見る】

kiLLaの注目は海外にまで波及



kiLLaは、音楽のみならずアートやファッションの世界を横断し、東京の街で暗躍する新世代ヒップホップクルー。

メンバーは、ラッパーやDJ、トラックメイカー、VJ、デザイナーなど全員で9人から構成される。

中心メンバーのラッパー・YDIZZYさんは、2017年6月にデビューアルバム『DIZZiNESS』をリリース。アメリカのWebマガジン「Complex」では、「2017年知っておくべき日本人ラッパー」に選出された。

kiLLaとしても、海外でのライブ出演を果たし、2017年6月にはVICE「Noisey」で特集されるなど、国内外のユースから注目を集めている。

そんなkiLLaが今回リリースしたEPは、初となるフィジカル作品。リード曲となる「MO DOPE MO HOES」は、YouTubeに公開され、多くの高評価を得ている。



また、YDIZZYさんに並ぶ中心メンバー・Arjunaさんも『Lord Shaka』より「Pyramid」のMVを公開。昨今の日本ヒップホップにはなかったハードな世界観が印象的な楽曲となっている。



なお、kiLLaとArjunaさんは、リリースイベントを兼ねて、2017年10月8日(日)に渋谷SOUND MUSEUM VISON にて、イベント『kiLLa presents NYMPHO』を開催。

そのハードコアな生い立ちや、ラップに定評があるANARCHYさんや、ヒップホップクルー・YENTOWNの中心ラッパーであるkZmさん、 代表曲「Cho Wavy De Gomenne」がバイラルヒットとなっているJP THE WAVYさん、さらに海外からも台湾のヒップホップクルー・TGMFやバンコクのTM303、ニューヨークからはBONE$ THE SPITTAさんが出演する。

kiLLaならではのグローバルなアーティストを一堂に会したイベントだけに注目が集まる。