「Discover Nelly Arcan-ネリーを探して-」プロジェクト発表会見に出席した舞台出演者ら

 女優の松雪泰子が10月2日、東京・カナダ大使館(オスカー・ピーターソンシアター)で「Discover Nelly Arcan-ネリーを探して-」プロジェクト発表会見に出席。11月に天王洲・銀河劇場ほかでおこなわれる舞台『この熱き私の激情〜それは誰もふれることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』について、出演する女優の小島聖らとともにその魅力などを語った。カナダ出身の小説家ネリー・アルカンさんの作品をコラージュした舞台に出演する松雪。そのネリーさんについて「崇高な光の中にある混沌のよう」と印象を述べた。

 本プロジェクトは、今年カナダ建国150周年を迎えたことを記念したもの。カナダ・ケベック州生まれの女性作家ネリー・アルカンさんにフォーカスしたプロジェクトの一環。元高級娼婦という過去を持ち、自身の過去をモデルにした小説が仏名門出版社の目に留まり、仏文学界にすい星のごとく現れた、ネリーさんはベストセラー作家となるも「元高級娼婦」というレッテルが外れることはなく、2009年に36歳という若さで自ら命を絶った。

 プロジェクトでは9月に彼女の鮮烈なデビュー作『ピュタン〜偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白』(原題:PUTAIN)の新訳をパルコ出版から発売。10月には映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』を公開。そして、11月にはカナダ出身の女優で演出家のマリー・ブラッサール演出で舞台『この熱き私の激情〜それは誰もふれることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』を上演する。

 この舞台ではネリーさんが書いた小説『PUTAIN』、『FOLLE(狂った女性)』、『Burqa de chair(肉のブルカ)』、『L'enfant dans le miroir(鏡の中の子供)』の一部で構成。松雪、小島、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、霧矢大夢の女優6人とコンテンポラリーダンサーで振付師、映像作家の奥野美和が舞台で共演する。

松雪泰子

 舞台について松雪は「今回、この素晴らしいプロジェクトに参加できることを非常に嬉しく思っています。集中力を必要とする作品なので、しっかりと稽古をして良い舞台を届けられるようにしたい」と意気込みを語った。

 また、小島は「長年舞台をやっていますが、これだけ人と話さない舞台は初めてです。これから舞台になるのか、私自身わくわくしています」と10に区切られた部屋の中でそれぞれが一人ずつ演技をおこなうという、特殊なセットについてもコメント。

 初音は「この美しいそして役者として強い女性たちの中でどれだけ成長できるか、マリーの演出、毎日一瞬一瞬を大事にして頑張っています」と充実した稽古である様子を明かした。

 そして、芦那は「2回目の舞台で何もかも初めてのことだらけで、緊張していたんですが、先輩方の胸を借りて自分も成長しながらいい舞台になる様に努力をしていきたいと思います」と抱負を述べた。

 ネリーさんについて、松雪は「彼女の選ぶ言葉は深くて、突き刺さってくるようなものが多くて。彼女は死を選んでしまったのですが、本当はそうじゃない理想の世界で生きたかったその想いが痛いほど伝わって来て…。崇高な光の中にある混沌のようなそんなイメージがあります」と彼女が残した作品と人生から感じ取ったものについて語る。

 芦那はネリーさんを流木に例え、「生まれてから、人生を丸太が川を流れるように岩などにぶつかっていった感じがします」と言い、霧矢は「言葉の中にパワフルさというか、ある部分でとても強い女性だと思います」とその印象を述べた。

 また、女性のあこがれの的でもある女優である松雪ら。何かコンプレックスはあるのかという質問に松雪は「ものすごくたくさん寝ないとダメなんです。充電しないと」と睡眠なしには活動できないと告白。

 小島は「ストレートヘアに憧れます」と天然パーマがコンプレックスであるという。宮本は「年齢いくとコンプレックスも段々可愛くなるかなと(笑)」年齢とともに受け入れられるようになったと話し、霧矢も「挙げだしたらキリがないので、そのコンプレックスとともに明るく楽しく生きていきたいです」と賛同した。【取材・撮影=松尾模糊】