マジプリ

 東海地区を拠点に活動し、全国的な知名度も上昇中のイケメンボーイズグループ、MAG!C☆PRINCE(通称=マジプリ)の大型ビールボードが16日に、東京・渋谷のSHIBUYA 109に掲出される。18日発売の両A面シングル「YUME no MELODY/Dreamland」を記念して展開される。

 MAG!C☆PRINCEは9月から、自身も写る、海外用ポケットWiFiレンタルサービス「イモトのWiFi」の巨大看板が、渋谷駅ハチ公口に掲出されている。同テレビCMにも出演している彼らだが、この巨大看板が掲出されたことで「あのイケメン達は誰?」とマジプリファン(通称=チアーズ)を知らない女性層からも注目を集めているという。

 10月からは、テレビ東京ほかで放送される自身の冠番組『マジ☆弟子 SEASON2』を始め、メンバーの永田薫が出演するTBS系ドラマ『恋する香港』がスタート。また、今回の両A面シングルの2曲が両番組のオープニング、エンディングにそれぞれ使用されるなど、東京での知名度も急上昇している。

 そうしたなかで、SHIBUYA 109で大型ビルボードが登場する。

 10月16日には、同じく渋谷マルイ屋上イベントスペースで、同シングル予約者を対象とした、マジプリメンバーと握手、写真撮影などをおこなうアトラクション会が催されることも決まっている。彼らの知名度、そして活躍の場は、東海地区から、渋谷へ、渋谷から全国へと広がるきっかけとなりそうだ。

展開イメージ マジプリ