痛恨ドローのバイエルン、リベリー負傷で追い討ち 「本物の痛み」と幹部は長期離脱示唆

写真拡大

2点リードを守れなかったヘルタ戦、後半途中に負傷交代

 現地時間10月1日に行われたブンデスリーガ第7節ヘルタ・ベルリン対バイエルン・ミュンヘンの一戦は、2-2のドローに終わった。

 日本代表FW原口元気のドリブル突破からのアシストとともに注目されたのは、カルロ・アンチェロッティ監督を解任して臨んだ王者の戦いぶりだった。しかし2点リードを追いつかれ、なおかつフランス代表MFフランク・リベリーを負傷で失うという痛すぎる結果となった。

 試合は前半10分にドイツ代表DFマッツ・フンメルスが先制点を奪い、後半4分にはエースのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが追加点を挙げる理想的な展開に。しかし、その2分後に今季初先発の原口のドリブルで、バイエルン守備陣が翻弄されてMFオンドレイ・ドゥダに1点を返されると、同11分にはFWサロモン・カルーに同点弾を浴びる展開となった。

 悪い流れは続くもので、同17分には先発出場していたリベリーが負傷によりプレー続行不可能に。サイドの仕掛け役を失ったバイエルンは勝ち越し点を奪えず、ウィリー・サニョル暫定監督の初戦を勝利で飾ることはできなかった。

「見る限り良くなさそうだ」

 バイエルンにとって勝ち点3を奪えなかったこと以上に痛いのは、リベリーの怪我だろう。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、スポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチのコメントを紹介。「フランク・リベリーは負傷を負った。それは本物の痛みだ。我々は重傷ではないと祈りたいが、見る限り良くなさそうだ。彼はとても痛みを感じていたので、検査することができなかった」と、長期離脱を示唆している。

 この日のドローで、首位ドルトムントとの勝ち点差は「5」に開いた。絶対的守護神であるドイツ代表GKマヌエル・ノイアーも足首の手術で年明けまで復帰が難しい状況となっている。開幕前は大本命と見られていた絶対王者だが、ピッチ内外でいきなりの難局を迎えている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images