ゴールを喜ぶハムシクとチームメイト photo/Getty Images

写真拡大

ナポリは1日、セリエA第7節でカリアリをホームへ迎え入れた。

試合は、開始4分にマレク・ハムシクの今季初ゴールで口火を切ったナポリが優位に進める。そして、40分にドリース・メルテンスが自らが得たPKから追加点を挙げると、後半開始直後の47分にセットプレイからカリドゥ・クリバリが勝利を手繰る寄せる3点目を決め、勝負あり。ナポリが3-0でカリアリを撃破し、開幕戦からの連勝を「7」に伸ばしている。なお、数時間後に行われた試合で、ユヴェントスがアタランタと引き分けたため、ナポリが開幕戦からすべての試合に勝利している唯一のチームとなった。

試合後、カリアリ戦で貴重な先制点を奪ったナポリの象徴、ハムシクが伊『MEDIASET PREMIUM』のインタビューに応じ、次のように語った。

英雄ディエゴ・マラドーナの持つクラブ通算115ゴールまであと「1」と迫っている件について聞かれ、「僕は記録的なゴールを逃してしまったが、重要なのはチームが勝利を決して逃さなかったこと。7連勝で代表ウィークへ突入したが、ブレイク明け後もこのパフォーマンスを続けていきたいね」とコメント。さらに「僕のゴールが重要なのではなく、チームが結果を得ることが重要なんだ。スクデットへの道のりはまだまだ長いが、7試合中7試合に勝利できたことは信じられない。正しい歩みを進めることが大事だね」と述べている

開幕戦からすべての試合で、3ゴール以上を奪っている攻撃力(7試合で合計25ゴール)はやはり強力だ。はたして、ナポリはこの勢いで王座への階段を突き進むことができるのか。