「愛はお金で買えない」とよく言われます。それぐらい愛はかけがえのないもの。でも、ときに愛とお金を天秤にかけてしまう場面が訪れます。愛があっても、やっぱりお金で損はしたくない。そんな女性の姿を見て、男はガッカリしてしまうことも……。今回は、正直男がドン引いた、女性がお金をケチった場面をご紹介します!

文・塚田牧夫

緊急時に電車で遠回り

「普段、交通手段としてバイクを使うんですが、以前に事故ったことがあって。出血とかもあったから、一応検査を受けることになり救急車で病院に運ばれました。

親に伝えると驚かせちゃうので、代わりに同棲している彼女に来てもらうことにしました。電話をすると、彼女もかなり動揺してましたね。

それで病院の場所を伝えたんです。ところが一時間以上経っても彼女が来ない。検査も終わって待合室でずっと待ってました。その三十分後くらいにようやく到着。

病院は、うちから電車だとちょっと行きづらい場所にありました。バスも使う必要があり、一時間以上かかってしまう。でも、うちから直接タクシーだと三十分ぐらいで着くんです。

もちろんタクシーで来るだろうと思ってましたが、彼女は電車で来ていた。電話ではあんなに心配していたのに……。なんか彼女の愛を疑ってしまった」マサノリ(仮名)/28歳

エアコンをつけてくれない

「ある夏の終わり頃。彼女の家に遊びに行ってました。夜、だんだんエッチな雰囲気になってくるわけですよ。

ちょっと暑かったんで“エアコンつけていい?”って聞いたんです。そうしたら“汗だくのほうが興奮する”って言うんです。その言葉にちょっとこっちも興奮。まあ、頑張りましたよね。

それで終わったあと。もういいだろうとエアコンをつけようとしたんです。でも、そこでもダメだと。

結局、電気代をケチっていただけなんです。あんな頑張ったのに、なんか損した気分になりました」ヒデ(仮名)/27歳

祝儀袋を百円ショップで買う

「彼女と共通の友だちがいて、そいつの結婚式に参加したときのこと。祝儀を用意しますよね? 友だちなら三万円てとこでしょう。彼女とも相談して、同じ額にしました。

そして当日。準備万端で彼女と待ち合わせ。でも、彼女が祝儀を用意してないって言うんです。

だからまずコンビニのATMでお金をおろしました。それでついでに祝儀袋も買おうとしたんです。

すると彼女が“百円ショップのほうが安い”って言い出して。そこから百円ショップを探し始めました。三万円出してもそこはケチるんだ……。

まあ、すぐに見つかりはしたんですけどね。なんか、将来結婚したらこうやってケチる場面をいっぱい見るのかと思って、ため息が出ました」タカオ(仮名)/30歳

男がドン引くケチってはいけない場面をご紹介しました。

「愛はお金で買えない」とはいえ、彼のことを思うのであれば、お金は出し惜しみしないこと。愛は結構シビアですよ。

(C) leungchopan / Shutterstock(C) VGstockstudio / Shutterstock(C) kai keisuke / Shutterstock