香取慎吾のセレクトショップ計画。夢は実現するのか?

写真拡大

 大騒動となった解散劇以降、事務所退社、公式サイト「新しい地図」の立ち上げ、AbemaTV出演決定など、その動向から目が離せない元SMAP・稲垣吾郎(43)、草磲剛(43)、香取慎吾(40)。その1人香取が、代官山にセレクトショップの出店を計画しているというニュースが報じられた。

 9月26日放送の“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)は、開運セラピスト・紫月夏帆と、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバー・Hoshiが登場。MCのコトブキツカサとともに香取のビジネスプランについてトークした。

■こだわりをセーブできるかが、セレクトショップ成功のカギ!

 算命学、手相で占うHoshiは、「香取さんはこだわりが強い人だけれど、好きなことに固執しすぎると失敗する」と分析。香取は、自分のやりたいことだけをするより、ブレーンや仲間と力を合わせて頼まれた仕事もこなしていくほうが周囲の影響を受けて伸びる人だという。

 もしも香取が、事務所など環境が変わって自由になり、自分のこだわりが詰まったセレクトショップを計画したのだとしたら、「好きに固執しすぎなのでマイナス」とHoshiは診断する。

■2018年はリ・スタートの年。センスを生かせる新ジャンルへ挑戦はあり!

 一方、紫月は「香取さんはとくに去年は八方ふさがりで、とてもたいへんだったと思います」と、香取の苦労をしのぶ。紫月の占いによれば、2016年の香取は「気持ちが離れる」という時期にいたそう。何もかもにうんざりし、芸能界から離れたいと思ったこともあったはずだという。

 「つらい時期を乗り越え、よく戻ってきたなという感じです。2017年は苦悩から抜け、2018年は再スタートの時期」と、活動の幅を広げようとしている点は「吉」と評価した。また、クリエイティブ系が向いているので、デザインやファッションなど香取のセンスを生かせる分野への進出もよいそうで、「セレクトショップ計画はあり」と言えそうだ。

 「ただし」と、紫月は注意を促す。「見切り発車は厳禁です。独立した勢いで進めても、企画が雑だったら成功しません。騒がれるだけ騒がれて終わりとならないように、しっかり案を練らないと」とアドバイスした。

 早ければ来年とウワサされている香取のセレクトショップ計画。練りに練った計画で、香取ならではの世界観を楽しめるショップを展開してほしい。
(ニコ)

>>占いTVを見る