2日、日本を代表するアスリート、卓球の福原愛とレスリングの吉田沙保里のネット上でのやり取りが中国で話題となっている。写真は中国の番組に出演した際の福原。

写真拡大

2017年10月2日、日本を代表するアスリート、卓球の福原愛とレスリングの吉田沙保里のネット上でのやり取りが中国で話題となっている。

あるネットユーザーが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介したのは、ミシンとポーチの写真が添えられた「今日は3つ作りました。ひと手間かかるけど、裏地ついてるとかわいい」という福原の書き込みだ。これに「メダル入れをぜひ作っていただきたい。ぜいたく言ったら中が4つに仕切られてるやつ」とリクエストした吉田に対し、福原は「鍵付きの方がいいんじゃないですか?布で守れるかな」と応答。「鍵付きじゃなくて大丈夫。メダルを入れた時に中でガチャガチャあたらないように仕切ってほしい」とした吉田に、福原は「まずは私のでサイズ確認と思ったけど、うちに2つしかない。アテネと北京のサイズが分からない。沙保里さんはすごいなあ」とつぶやいた。

吉田はアテネ、北京、ロンドンと五輪で3大会連続の金。2012年には国民栄誉賞が贈られており、テレビコマーシャルなどでも活躍している。一方、福原は中国でも人気者だ。この二人のやり取りに、中国のネットユーザーからは「愛ちゃん、かわいすぎる」「吉田選手のメダルの多さは腹が立つほど(笑)」「霊長類最強!」「悔しがってる。愛ちゃんはどうしてこんなにかわいいんだろう」「張怡寧(ジャン・イーニン。中国の卓球選手)から2枚借りたら?」「愛ちゃんも吉田選手もかわいい!」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷)