【インタビュー】『エグリア』の有料拡張コンテンツ「ゴブリンと太陽の雫編」、無料アップデートの内容は!? そして今後の野望も…ブラウニーズ亀岡氏に直撃

写真拡大 (全20枚)

絵本のような世界観が特徴のスマートフォン向けゲーム『エグリア 〜赤いぼうしの伝説〜』。配信から約5ヵ月が経ち、メインシナリオをクリアした方も多いのではないでしょうか?

そんな折、7月1日に行われた「エグリアフェスティバル2017(エグフェス)」にて、第二弾となる「有料拡張コンテンツ」と無料アップデートの情報が解禁されました。その具体的な内容について、本作の開発を手掛けるブラウニーズの亀岡 慎一氏に話をうかがいました。

エグリアの今後の展開、開発当初の秘話も飛び出したインタビュー。最後までお楽しみください。

◆ボリューム満点の有料拡張コンテンツ!

―――リリースから約5ヵ月が経ちましたが、今の率直な気持ちをお聞かせください。

亀岡 慎一氏(以下亀岡):落ち着かないですね。海外版が8月3日にリリースされましたが、ずっと前から動いていましたので、常に何かの準備をしています。コンシューマのゲームならリリース後に余韻に浸れるのですが、スマホゲームはリリースしてからが忙しいなと。ちょうど中間地点なのかなと思っています。

―――ユーザーさんの声もSNS等で直に届いているのではないでしょうか?

亀岡:沢山の反応をいただいております。これだけSNSが普及してからオリジナルタイトルをリリースするのも初めてなので、新鮮な気持ちです。僕はあまり英語ができないので海外からのコメントがわからないのですが(笑)、結構反応していただいているので嬉しいです。これからじわじわと浸透していくのではないかと思っています。

―――本日は今後の展開について詳しくお話いただければと思います。有料コンテンツが配信されるとお聞きしたのですが、どのような内容なのでしょうか?

亀岡:先日のエグフェスで発表させていただいたのですが、「有料拡張コンテンツ『ゴブリンと太陽の雫編』」ということで配信させていただく予定です。シナリオも大きく追加し、それにあわせて精霊やキャラクターも増やそうと思っています。

―――追加のシナリオの内容は現在配信中の本編のシナリオのその後、ということでよろしいでしょうか?

亀岡:そうですね。本編のシナリオには色々な謎を残した状態なのですが、今回の有料拡張コンテンツでは余韻を残しつつ、徐々に謎に迫っていければなと。本編の目的はいろんな種族が同じ街で生活を始めるというところでした。有料拡張コンテンツではその環境にまた新たな仲間が増え、それによって事件が起きて物語が進んでいく…という流れになります。

―――本編をクリアした方が気になっているところだと思うのですが、本編の「あの」ランドの扱いが気になっているのですが…

亀岡:あそこに残しているという事はのちのち考えはあるんですけど…具体的なお話はしづらいですが、構想はありますので、こちらも楽しみにお待ちいただければ!

―――新キャラクターのコトミヲ、ハルシロについて教えてください。

亀岡:このふたりはゴブリン族になります。今までレッドキャップとオーガと言う鬼族がいたのですが、ここにもうひとつ鬼族が登場すると。仲のいい姉弟ですね。ふたりが別の鬼族・レッドキャップとどういう関係になるのか、村人とどういう関係になるのかが『ゴブリンと太陽の雫編』のテーマになります。

―――キャラクターが増え、エッグも増えて、ランドも増えるということは、新しい素材が集まり、新しい家具も増える…と!

亀岡:はい、家具も増えますね。本編と同じくらいのボリュームを予定しています。

―――それに伴う家の拡張はどうでしょうか?

亀岡:建てられる家も増えます。新たな住民も増えますし。チャボのおうちも大きくなる予定です。今自分の好みの家ができている人はそれを壊したくないと思うので、また別のレイアウトができるスペースを用意しようと思っています。『ゴブリンと太陽の雫編』では新規のキャラクターの家も増えますよ。