声優・花江夏樹、浪川大輔が登壇 『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』追加舞台挨拶

写真拡大

 9月30日から3週間限定で公開されている映画『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』より、追加舞台挨拶の実施が決定した。

参考:『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』初日舞台挨拶 第6章のサブタイトルが「ぼくらの未来」に

 本作は、15周年を記念して製作された初代『デジモンアドベンチャー』シリーズの続編で、劇場版全6章で構成される内の5章目にあたるアニメーション映画。異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後の世界を舞台に、高校生になった主人公・八神太一をはじめ、成長した“選ばれし子どもたち”の冒険を描く。

 2015年に上映した第1章「再会」は、ミニシアターランキング4週連続1位、動員数14.6万人を突破し、続く第4章「喪失」までの累計興行収入は6.5億円、動員数41.4万人を記録している。第5章「共生」は、全国16館で上映開始後2日間の観客動員数25,600人、興行収入3,700万円を超え、ミニシアターランキング(※興行通信社調べ)では第1位に。

 このたび発表された追加舞台挨拶は、10月14日に東京の新宿バルト9、神奈川の横浜ブルク13の2会場で開催される。本作の主人公であり“選ばれし子どもたち”のひとり太一役を演じる花江夏樹と、“選ばれし子どもたち”が通う高校の非常勤講師である傍ら、本職は現実世界に出現するデジモンの対処を管轄する組織の一員・西島大吾役を演じる浪川大輔の2名が登壇する予定だ。

 チケットは、本日より「チケットぴあ」“プレリザーブ”にて受付開始し、10月7日より一般販売が開始される。(リアルサウンド編集部)