メレヘンのコリン・コーセマンス【写真:Getty Images】

写真拡大

ベルギー1部で珍事…試合終了間際に攻撃参加したGKがドリブル突破から同点弾アシスト

 欧州サッカーで試合終了間際のセットプレーで前線に上がったGKが、こぼれ球から組み立て直し、アタッカー顔負けのキレキレのドリブルを披露。最後は右サイドからクロスを上げて同点弾を演出し、アシストを記録する驚きのシーンが発生した。海外メディアは動画付きで紹介し、世界のファンの目を奪っている。

 フィールドプレーヤーと見間違えそうになる。そんな驚きのプレーを演じたのは、ベルギー1部リーグ・メレヘンに所属するGKコリン・コーセマンスだ。

 1日(日本時間2日)のリーグ第9節、REムスクロン戦。1-2とビハインドで後半アディショナルタイムを迎えていた。ここでメレヘンは敵陣右サイドからフリーキックのチャンスを獲得。すると、GKコーセマンスを前線に上げ、捨て身の策で同点を狙いにいった。そして、上がったボールにコーセマンスも含め、なだれ込んだが、もつれたボールは右サイドにこぼれた。

 しかし、ここからまさかの展開が起こる。これに一番至近距離で反応したのがコーセマンスだった。サイドのゴールライン際でボールをDFと競り合いながらキープ。そして、背後から迫る相手の意表を突く巧みな切り返しで交わしにかかった。一度はクリアされたが、もつれて再びボールは自分のもとへ。

ゴール後はユニホームを脱いで大喜び…チームメートはゴール決めた選手より殺到

 今度は相手を弾き飛ばすようにして競り合い、がっちりと前を向かってボールをキープ。最後は細かいタッチからグラウンダーのクロスを入れ、これをDFエリアス・コボーが右足で一閃。ゴールネットを揺らし、土壇場の同点弾をアシストしてみせた。

 Jリーグでもカップ戦などで終盤のパワープレーでGKを前線に上げることはなくはないが、そのこぼれ球からドリブル突破し、アシストを決めてしまうのは極めて稀。ワースラント・ベベレンの元日本代表MF森岡亮太らが所属するベルギーリーグで飛び出した珍プレーを、同国スポーツ専門サイト「Proximus Sports」が公式facebookで紹介し、ファンから驚嘆の声が続々と上がっていた。

 見事にアシストを決めたコーセマンスはユニホームを脱いで大喜び。チームメートもゴールを決めた選手より、アシストを決めたGKのもとに駆け寄り、お祭り騒ぎとなっていた。ボールを取られていたら、無人のゴールに決めかねられないリスクを背負いながら、殊勲の働きを演じたコーセマンス。見事、引き分けに持ち込み、大きな勝ち点1を手にした。