米ネバダ州ラスベガスのコンサート会場で、女性の上に覆いかぶさる男性(2017年10月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)で1日夜発生した銃乱射事件で、警察は2日、少なくとも20人が死亡し、100人以上が負傷したと発表した。

 ラスベガス警察のジョゼフ・ロンバルド(Joseph Lombardo)保安官は記者会見で、「現時点で100人超の負傷者がおり、20人超が死亡した」と発表した。

 警察はコンサート会場の隣にあるカジノホテル「マンダレイ・ベイ(Mandalay Bay )」の32階から銃が乱射されたとの通報を受けて現場に急行。地元在住とされる男と銃撃戦を繰り広げた末に、同容疑者を殺害した。

 ある目撃者は地元テレビ局KLASに対し、何者かが階上から人々に向かって乱射したと証言していた。

 携帯電話で撮影された映像には、1日午後10時(日本時間2日午後2時)すぎ、自動小銃の連射音が鳴り響く中、コンサートの観客らがパニックに陥り、叫び声を上げながら避難する様子が捉えられていた。

 ロンバルド保安官は、「捜査は継続中だが、本件の主犯は息を引き取った、つまり死亡しており、もはや脅威ではないとみている」と述べた。

 マンダレイ・ベイの横では、「ルート91(Route 91)」として知られるカントリーミュージックの祭典が3日間の日程で開かれており、当時会場には多数のファンが集まっていた。
【翻訳編集】AFPBB News