ペップも嫉妬? 優勝争いの1つは「ハリー・ケイン・チーム」

写真拡大

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督もスパーズエースの活躍ぶりに嫉妬しているかもしれない。

▽グアルディオラ監督のシティは、プレミアリーグ7試合を終えた段階で6勝1分け無敗と好調を維持しており、得失点で上回る同勝ち点のマンチェスター・ユナイテッドを抑えて首位に立っている。

▽9月30日に行われたプレミアリーグ第7節でチェルシーを1-0で退けた試合後、優勝争いのライバルについて問われたグアルディオラ監督。同指揮官は、昨季王者のチェルシーと好調のユナイテッドに加えて、「ハリー・ケイン・チーム」と呼んでスパーズを警戒した。

「まだ9月だからね。チェルシーは昨シーズン、13連勝したし、それは簡単ではない。タイトルを獲っているが、今季は3試合おきに試合をするという難しい問題がある。そのような日程はどこも苦しむよ」

「それにユナイテッドもいるね。我々はハリー・ケイン・チームにも気を付けないと。毎試合、2ゴールか3ゴールを挙げている」

▽ケインは、9月に出場した公式戦で13得点を記録するなど絶好調。FWセルヒオ・アグエロの離脱が決まったことで、グアルディオラ監督もライバルチームのエースの活躍に嫉妬しているかもしれない。

▽なお、 “ワンマンチーム”と評するような言い方でスパーズファンの反感を買っているグアルディオラ監督だが、昨シーズンは開幕6連勝後の第7節で、ケイン欠場のスパーズに0-2で敗れている。