全米準優勝のアンダーソン、快速サーブでストレート勝利。2回戦進出[楽天ジャパンオープン]

写真拡大

「楽天ジャパンオープン」(10月2日〜10月8日/日本・東京/ハードコート)男子シングルス1回戦で、第5シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)とジル・シモン(フランス)が対戦。アンダーソンが6-2、7-6(6)でストレート勝利、2回戦に進出した。

両者の過去の対戦成績は、アンダーソンの2勝0敗。いずれの試合もフルセット・マッチだった。アンダーソンは9月の全米オープンで準優勝、決勝ではラファエル・ナダル(スペイン)にストレートで敗れていた。

試合は序盤は完全にアンダーソンの一方的なペースだった。アンダーソンは、2mを超える長身から放つ高速のサービスが最大の武器で、試合開始早々サービスエースを見せると、会場からはざわめきが起こっていた。アンダーソンは危なげなく第1セットを先取するも、第2セットに徐々に展開が変わっていった。シモン本来の、正確なショットで相手をじわじわ追い詰めるテニスが戻り始めたからだ。

第2セット後半には、プレッシャーからかアンダーソンのファースト・サーブの確立も落ち始めて、一進一退のままタイブレークへ。しかし最後はやはりアンダーソンが力強いサービスで押し切り。結果的にはストレート勝ちとなった。

アンダーソンは2回戦で、高橋悠介(三菱電機)に勝利したライアン・ハリソン(アメリカ)との対戦が決まっている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」シモンに勝利し、2回戦進出したアンダーソン。
(Photo by Atsushi Tomura/Getty Images)