衝撃のループ弾を決めた香川真司、独2大メディアではチーム最高タイの評価&ベスト11入り

写真拡大

日本代表MF香川真司は9月30日に行われたアウクスブルク戦で芸術的なループシュートを決め、2−1でのボルシア・ドルトムントの勝利に大きく貢献。『キッカー』『ビルト』でそれぞれの第7節ベストイレブンに選出されている。

アウクスブルク戦に先発出場を果たした香川は23分、FWアンドリー・ヤルモレンコがダイレクトで流したボールを相手GKの頭上を越えたループシュートでファーサイドに流し込んだ。メディアではそのゴールは「ドリームゴール」、「神技」などと形容され、ドイツのサッカーファンたちにも衝撃を与えた。

一方、地元紙『WAZ』『ルールナハリヒテン』ではゴールそのものは高く評価されるも、香川のパフォーマンスへの採点はいずれも及第点の「3」と伸びず。『WAZ』では失点場面で相手のクロスを許してしまったこと、『ルールナハリヒテン』では「後半は姿を消した」ことを指摘されていた。

だが、後日に発表される『キッカー』では、香川のパフォーマンスに対する評価は高かった。分析記事では「ヤルモレンコと香川はそれぞれのゴールシーン以外でもその実力を証明した」と評して「2」の採点。ヤルモレンコ、GKロマン・ビュルキとともにチーム最高の採点をつけた上で、第7節のベストイレブンにも選出した。

『ビルト』でも香川のプレーをヤルモレンコとビュルキと並び、チーム最高タイの「2」と評価。同紙にも香川はヤルモレンコとともにベストイレブンに選ばれ、香川についてはマッチレポートで、得点場面のほかCKを獲得しヤルモレンコによる先制点の起点となったことが言及された。

なお『ビルト』が選んだ第7節のベストイレブンには、バイエルン・ミュンヘンのDF陣をドリブルで突破し、ゴールをアシストしたFW原口元気も含まれている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)