ピッチ内では絶好調だった今シーズンのアグエロ(左)。しかし、最愛の彼女(右)にフラれるなどピッチ外では災難続きだ。 (C) Getty Images

写真拡大

 重大事故の直後に「僕は大丈夫だ」とSNS上で気丈に振る舞った当人のその想いは、計り知れない。マンチェスター・シティに所属するセルヒオ・アグエロが、長年交際してきた恋人と破局したようだ。英大衆紙『サン』がすっぱ抜いている。
 
 アグエロが悲劇に見舞われたのは、現地時間9月28日未明、オランダのアムステルダムでのことだった。人気歌手のライブを観賞した帰りに空港に向う途中、乗り合わせたタクシーが電信柱に衝突。これによって肋骨を骨折してしまったのだ。
 
 プライベートでの予期せぬ事故によって全治2か月の離脱を余儀なくされたアグエロだが、直後に自身のツイッターで「僕は大丈夫だ。完治に向けて集中するよ」と気丈に振舞った。しかし、その前後に彼は失恋をしていたという。
 
 サン紙によれば、アグエロは事故から2日後にアルゼンチンの有名歌手カリーナ・テヘダさんにフラれたというのだ。まさに泣きっ面に蜂だ。
 
 あのディエゴ・マラドーナの次女ジャンニーナと2013年に離婚したアグエロは、2歳年上のカリーナさんと約4年に渡って交際を続けてきた。母国内では、「アルゼンチン代表FWのリトル・プリンセス」とも呼ばれ、今年6月30日に行なわれた盟友リオネル・メッシの結婚式にも揃って姿を見せて話題をさらった。
 
 そんな円満カップルの破局理由は、アグエロ側にあるという。サン紙は、「アグエロが代表戦でアルゼンチンに帰国した際に、カリーナさんには会わずに美人モデルのいるパーティーに参加したことが彼女の逆鱗に触れた」と綴っている。
 
 また、同紙は破局を確信づけるとして、カリーナさんがアグエロの事故についてテレビ記者から聞かれるまで知らなかったことを挙げている。マンチェスター・Cのエースとの関係性について問われた彼女の言い分はこうだ。
 
「私は多くのことを言うつもりはないわ。でもね、“それをやった”ことは正しいとも感じているわ。とにかく今日は話したくない。私は彼に多くの敬意を払っているし、その話題については語るつもりはないの。他の人は怒っているかもしれないけど、私は怒ってなんかいないわ」
 
 不慮の事故に見舞われた直後に最愛の人にも別れを告げられたアグエロ。今シーズンはプレミアリーグの6試合で6ゴールと絶好調だっただけに、アルゼンチン代表ストライカーが心身ともに全快し、早期復帰をすることを今は祈るばかりだ。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち