画像提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは10月2日、同社のモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」のWi-Fi専用モデルを10月6日に発売すると発表した。従来のモデルからモバイル通信(3G・LTE)機能を省くことでコストを削減し、希望小売価格は税込149,040円、24回分割払いの場合は6,200円/月となる。ちなみに、3G・LTEモデルは税込213,840円だ。

ロボホンは、二足歩行が可能なコンパクトサイズのロボット。カメラ機能や小型レーザープロジェクターを搭載し、ユーザーとのコミュニケーションをはじめ、歌やダンスなどのアクションにも対応する。スマートフォンとリンクすることも可能で、専用アプリも用意されている。今回発売されるWi-Fi専用モデルは、モバイル通信機能がカットされている以外は3G・LTEモデルと同様の機能を搭載する。なお、Wi-Fi専用モデルの価格には、ロボホンを利用する際に加入が必要となる「ココロプラン」(980円/月)の1年分の利用料金が含まれている(個人向けモデルのみ)。

法人向けには、「受付・接客アプリ」や「プレゼンアプリ」などをセットにした「ビジネスプレミアムプラン」も用意。接客や商品説明などにも利用可能だ。