昨季イングランド2部得点王も招集 日本戦のニュージーランド代表来日メンバー発表

写真拡大

6日に豊田スタジアムで日本とニュージーランドが対戦

 日本サッカー協会は2日、6日のキリンチャレンジカップで対戦するニュージーランド代表の来日メンバーを発表した。

 試合は豊田スタジアムで19時20分キックオフ予定となっている。

 アンソニー・ハドソン監督率いるニュージーランドは、11月のロシア・ワールドカップ大陸間プレーオフで南米予選5位のチームと対戦するため強化を進めている。今年6月のコンフェデ杯では、ロシアに0-2、メキシコに1-2、ポルトガルに0-4と3連敗を喫し、グループリーグ敗退となった。FIFAランク123位のニュージーランドにとって、同40位の日本は格上の相手となり、貴重な試合と位置づけているようだ。

 日本のバヒド・ハリルホジッチ監督は「ニュージーランドは大陸間プレーオフ進出が決定し、FIFAコンフェデレーションズカップ2017をはじめ、近年国際大会でも存在感が高まっているチームだと聞いている。他大陸の代表チームとの試合になるので、貴重な強化の機会としたい」とコメントしている。

 注目株は、昨季リーズ・ユナイテッド(イングランド2部)で27ゴールを決め、イングランド2部得点王に輝いたFWクリス・ウッドだろう。その活躍が評価され、今季は同1部バーンリーに移籍し、ここまでリーグ戦5試合2得点の結果を残している。

ニュージーランド代表、来日予定メンバー

 来日を予定しているニュージーランド代表のメンバーは以下の通りだ。

◆=2017年コンフェデ杯招集メンバー

GK

◆ステファン・マリノビッチ(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ)

 マイケル・ワウド(サンダーランド/イングランド)

DF

◆アンドリュー・デュランテ(ウェリントン・フェニックス)

◆テミ・ツィモプロス(PASヤニナ/ギリシャ)

 ウィンストン・リード(ウエストハム・ユナイテッド/イングランド)

◆マイケル・ボクスオール(ミネソタ・ユナイテッド/アメリカ)

◆トム・ドイル(ウェリントン・フェニックス)

◆キップ・コルビー(サンノゼ・アースクェイクス/アメリカ)

◆デクラン・ウィン(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ)

◆サム・ブラザートン(サンダーランド/イングランド2部)

◆デーン・インガム(ブリスベン・ロアー/オーストラリア)

MF

◆マイケル・マグリンチィ(ウェリントン・フェニックス)

◆ライアン・トーマス(PECズボレ/オランダ)

◆ビル・トゥイロマ(ポートランド・ティンバース/アメリカ)

◆モンティー・パターソン(イプスウィッチ・タウン/イングランド2部)

◆モーゼス・ダイヤー (イースタン・サバーブス)

FW

◆シェーン・スメルツ(ボルネオ/インドネシア)

◆コスタ・バーバルーゼス(メルボルン・ビクトリー/オーストラリア)

◆マルコ・ロハス(ヘーレンフェーン/オランダ)

◆クリス・ウッド(バーンリー/イングランド)

 マイヤー・ビバン(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ) 

 ジェームズ・ムサ(スポルティング・カンザスシティー/アメリカ)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images