近頃、 太陽の日差しも弱まり、涼しげな風を感じる。秋分の日も過ぎ、いよいよ秋の行楽シーズンの到来だ。旅好きの僕としては、紅葉散策に行きたくて、毎日ウズウズしている。

関東に住んでいると、神奈川、群馬、山梨あたりに足を運ぶことが多かったけど、「東北ならばもっと紅葉が早いはず!」と、さっそく知人にヒアリング。すると、秋田県の紅葉が素晴らしい、と教えてくれた。

正直、遠すぎるかなとも思ったが、写真を見ると大空や山脈、湖など、ダイナミックな自然と紅葉の融合が美しく、ぜひとも行ってみたくなった。そんな3つの紅葉ポイントを紹介していこう。

01.
湖面に映る“逆さ紅葉”が美しい
「湖×紅葉」

秋田県といえば、十和田湖、田沢湖などの美しい湖がある。鏡のような湖面に紅葉が映り込むと、逆さ富士ならぬ「逆さ紅葉」を見ることができる。遊覧船での紅葉クルーズも満喫してみてほしい。

十和田湖

秋田と青森の両県にまたがるカルデラ湖。秋には湖畔や外輪山の木々が黄や紅、黄金に色づき、湖水に映えて豪華絢爛な風景に。展望所や遊覧船で満喫したい。
・住所:鹿角郡小坂町十和田湖
・例年の見頃:10月中旬〜11月上旬

太平湖

ここは、森吉ダムの完成によりできた人造湖。湖には渓谷や渓流が注ぎ込む。遊覧船森吉丸は、同じく紅葉の名所である小又峡との間を周航。
・住所:秋田県北秋田市森吉
・例年の見頃:10月上旬〜下旬

田沢湖

水深423.4m、日本一の深さを誇る神秘の湖。紅や黄色に色づいた原生林と、青く澄んだ湖面が織りなすコントラストが美しい。湖を周遊する一周約20キロの道路は、紅葉ドライブにもいい。
・住所:仙北市田沢湖
・例年の見頃:10月中旬〜11月上旬

02.
どこまでも続く青き空と紅き山々
「山脈×紅葉」

トレッキングをしながら、変化に富んだ渓谷の紅葉を楽しむのもいい。ロープウェイに乗りながら赤や黄色、橙に色づいた山脈を見下ろすのもいい。一日使って、さまざまなスポットをめぐりたい。

鳥海山(鉾立)・法体の滝

東北第二の標高を誇る山で寒暖の差が激しく、このため山の木々の葉が鮮やかに色づく。特に鉾立展望台から見る渓谷の紅葉は、滝の景観とも合わさり息を吞むほど美しい。また山の東方には「日本滝100選」にも選ばれた「法体の滝」がある。一の滝から三の滝まで連なり、流長は100m、落差57.4mのダイナミックな滝だ。両方巡り、異なる趣向の紅葉を楽しんでほしい。
鳥海山(鉾立)
・住所:鳥海山象潟口五合目鉾立
・例年の見頃:10月中
法体の滝
・住所:由利本荘市鳥海町百宅
・例年の見頃:10月中旬〜10月下旬
 

森吉山・安の滝

1,454mの山頂からは日本海や白神山地、遠く鳥海山など360度の広大なパノラマを楽しむことができる。紅葉のぶなの森を行くゴンドラは、冒険感もたっぷり。山の南東側には、断崖絶壁を流れる、高さ90mの「安の滝」がある。両方スポットとも、紅葉時期には多くの観光客で賑わう。
森吉山
・住所:北秋田市森吉山
・例年の見頃:10月中
安の滝
・住所:北秋田市阿仁打当菅谷地
・例年の見頃:10月中

小安峡

高さ60mの橋の上から紅葉した渓谷を見下ろすのは圧巻。また、谷間を流れる川沿いの遊歩道をたどると、轟音とともに蒸気を噴き上げる大噴湯がある。そこでは白い蒸気と紅葉が合わさり、幻想的な風景が広がっている。
・住所: 湯沢市皆瀬湯元
・例年の見頃:10月中旬〜11月上旬

03.
紅葉に抱かれた露天風呂
「温泉×紅葉」

秋田県は乳頭温泉をはじめ、温泉地が豊富にあることでも知られている。つまり、紅葉に抱かれた露天風呂が楽しめるのだ。ちなみに秋田県は良質な米どころでも知られ、露天で美酒に酔いしれるのも贅沢だ。

乳頭温泉郷(黒湯温泉)

茅葺きや杉皮葺きの屋根が印象的な宿舎が、豊かな歴史を感じさせる。紅葉を眺めながら露天風呂を楽しみたい。
・住所:仙北市田沢湖生保内黒湯沢
・例年の見頃:10月中旬〜下旬

乳頭温泉郷(蟹場温泉)

露天風呂は、宿舎から50mほど離れた原生林の中にある。紅葉と静寂に包まれた別世界のような空間だ。
・住所:仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
・例年の見頃:10月中旬〜下旬

須川温泉(栗駒山荘)

標高1,100mの高所にあり、白濁した露天風呂からの眺望が見事。秋シーズンは赤々と燃えるような須川高原の紅葉を、入浴しながら堪能できる。
・住所: 雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林
・例年の見頃:10月上旬〜10月中旬

湯瀬温泉郷

日本三大美人の湯のひとつとされる名湯を、源泉かけ流しで使用。紅葉散策で疲れた後に立ち寄りたい。
・住所:鹿角市八幡平字湯瀬湯端
・例年の見頃:10月中旬〜11月上旬

東京から秋田までは、秋田新幹線で4時間近くかかるだろうか。しかし秋田には、その時間を費やしてでも、行かずにいられない絶景が待っていそうだ。

画像提供/映像提供:秋田県
Reference:あきたびじょんFB,あきたファン・ドッと・コム