なんでオムツをつけるの?

オムツを使用する機会が1番多いのはシニア犬です。
歳をとって足腰が弱くなると、排泄の問題が多く出てきます。
トイレに自分で行けなくなることがあるためです。また、膀胱の筋肉も弱ってしまうので粗相をしてしまうこともあります。失敗してしまうと悪いことをしたと思い落ち込んでしまう子もいます。犬がストレスを感じる原因にもなってしまいます。飼い主さんの負担にもなるので切実な問題です。それを解決するのがオムツです。犬用のオムツがあり、それを使うことで問題を解決または軽くすることができます。犬用のオムツのほかにも人間用のオムツの尻尾の部分に穴をあけて使う方法もあります。しかし、オムツを使うのはシニア犬だけではありません。
メスのヒート期間にも使用することがあります。ヒート期間は犬によっては出血量の多いことがあるのでオムツを使う子もいます。また、ドッグランやドッグカフェを使う際に施設によってはマナーオムツ(マナーベルト)を着用しなければならない場合もあります。

犬がオムツを嫌がる理由とは?

犬がオムツを嫌がる理由は、お尻に変なものがついている感覚がするからでしょう。
犬は基本的にお尻を触られるのをあまり好みません。ウンチをした際に毛についたりしたとき、ウェットティッシュで取ろうとしても嫌がったりしますよね。
犬にとってお尻はとてもデリケートな部分です。
また後ろに回り込まれるというのは怖いことなのです。
つまり、オムツ自体も変な感覚がして嫌だということもありますが、オムツをつけるときにお尻を触られることも嫌いなのです。
オムツをスムーズにつけられるようになるには、慣れと練習が必要です。
ご褒美などを用意して「オムツ=良いこと、楽しいこと」だと学習させ、覚えるようにすると良いでしょう。

オムツの種類

犬用のオムツにも人間用と同じようにS、M、L、LLと様々なサイズがあります。またオス用、メス用と性別によっても分かれています。
動きにくくなることを嫌う犬のためにボディにフィットするタイプや、消臭効果のあるポリマーを使用しているものなど人間用と変わらないほど種類が豊富です。
デザインも真っ白のものから星柄や水玉などオシャレなものもあります。
愛犬が嫌がらず、飼い主さんも使いやすいオムツを見つけて使用すると良いでしょう。
他にも赤ちゃん用のオムツや大人用のオムツに尻尾用の穴をあけて使っている飼い主さんもいます。

オムツトレーニング!

愛犬と外出する際、オムツを嫌がって暴れたりしたら大変ですよね。でも犬も違和感があって怖かったり、不快だったりするので悪気があってやっているわけではありません。洋服を着たことがない犬などは嫌がる傾向が強いようです。そういった犬には犬用のオムツに少しずつ慣れさせることが大切です。

オムツに慣れさせよう

オムツをつけることができたら「偉い」「ありがとう」「かわいい」などと褒めてあげましょう。少しテンションを高めに褒めてあげると良いですね。褒めていることをわかりやすくすると犬にもよく伝わります。飼い主さんが喜んでいることがわかると犬は嬉しくなります。そうすると「オムツ=楽しい、良いこと」だと思うようになっていきます。散歩で使う場合、オムツの上からカバーをつけて固定する方もいるようです。少々強引にも思えますが、オムツが固定されることで不快感が減り、徐々に慣れてくるという効果もあるようです。
しかし犬が嫌がって暴れたりするようであれば外して、様子を見てみて下さい。オムツ自体が嫌なのか、カバーで固定していることが嫌なのかを試してみると良いでしょう。
1番大事なのは嫌がることを強制しないことです。人間でも嫌なことを無理やりされると、その行為が嫌なものだと記憶してしまいます。
無理せず少しずつ、根気強くトレーニングをしていくことが重要です。

してはいけないこと

逆にしてはいけないことは脅したり、怒ったりすることです。
脅したり、怒ったりしてオムツをつけると「オムツ=怖い」という学習をしてしまいます。
嫌がる犬にイライラする気持ちはわかりますが、根気よく練習していきましょう。

まとめ

犬がオムツを嫌がる気持ちもなんとなくわかったのではないでしょうか?私達も急にオムツを長時間はくとなると違和感や不快感があるかもしれません。
そういったストレスを少なくするためにも、少しずつオムツをつける練習をしていくことが大切です。「オムツ=嫌なこと、怖いこと」ではなく「オムツ=良いこと、楽しいこと」だと覚えさせるためにも根気強く接していきましょう。またどういったタイプのオムツが犬に合っているか、サイズは合っているかなども確認してください。もしかしたら犬に合っていないことが嫌がる原因かもしれません。嫌がっている犬にイライラすることもあるかもしれませんが、オムツをつけている犬の気持ちになって考えてみると優しくなれる気がしますね。