レトロな「チキンラーメン屋台」が新宿にオープン シメに1杯、いかが?

写真拡大

日清食品は2017年10月2日から8日まで、東京・新宿駅の高架下にあるフード&イベントスペースのサナギ新宿(新宿区)で「チキンラーメン屋台」を展開する。

2018年8月25日で発売60周年を迎える「チキンラーメン」のキャラバンの一環だ。2018年3月11日まで全国各地を巡業し、主要都市の駅前イベントスペースで「屋台」を展開する。

開発当時の研究小屋を再現

「チキンラーメン屋台」は、日清食品が「チキンラーメン」開発当時の研究小屋を再現したものだ。創業者・安藤百福は1950年代、ここでインスタントラーメンの開発に心血を注いでいたという。

調理したチキンラーメンは、300円(税込)で販売する。トッピングは、たまごとネギに加え、客自身が「ひよこちゃんナルト」「コーン」「キムチ」「チェダーチーズ」から1種を選ぶ。

「屋台」の営業時間は17時から22時まで(実施する場所によって異なる)。酒を飲んだ後、シメにチキンラーメンでもいかが。

場所は、東京都新宿区新宿3-35-6 。