神業アシストの原口をクラブ絶賛 メッシとの衝撃コラ画像に反響「断トツで最高だ」

写真拡大

バイエルン戦、原口が3人抜きドリブルからアシスト クラブが画像を公開するも…

 ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気が、1日の王者バイエルン・ミュンヘンとの一戦(2-2)で圧巻のドリブル突破から超絶アシストをマークした。

 クラブ公式ツイッターでは、バルセロナの天才FWリオネル・メッシの写真と原口の顔写真を組み合わせたコラージュ画像を公開。「リオネル・メッシではない。ゲンキ・ハラグチだ」と世界最高の名手になぞらえて称賛し、反響を呼んでいる。

 今季初先発を飾った原口は後半6分に魅せた。中央でパスを受けた原口は滑らかなドリブルでDFジェローム・ボアテングとジョシュア・キミッヒを置き去りにする。そして、ペナルティーエリアでDFマッツ・フンメルスのスライディングも華麗にかわす。現役ドイツ代表トリオを翻弄するドリブルから、MFオンドレイ・ドゥダにあとは入れるだけというラストパスを供給した。

 神業アシストに興奮したのはクラブの公式ツイッターの担当者だったのかもしれない。右手を挙げてガッツポーズするバルセロナの10番メッシの写真に原口の顔を埋め込み、「リオネル・メッシではない。ゲンキ・ハラグチだ」と公式ツイッターがメッセージを送っている。

 この超絶アシストと“迷作”のインパクトは絶大だったようだ。ツイッターの返信欄に様々な声が並んでいる。

ペレも脱帽の妙技との声があった一方…

「我々にはメッシは必要ない。ゲンキがいるじゃないか」、「愛してる。ダンケ!!!(ドイツ語でありがとう)」など原口を称える声が並び、さらに「ちょっとしたジンガと呼ぼう。ペレも喜ぶはずだ」と、サッカーの王様ペレを引き合いに出す賛辞も届いた。“ジンガ”とは、ブラジルでサッカーの華麗な個人能力を指し、ペレも脱帽の妙技と絶賛している。

 その一方で、「確かに好プレーだった。だが、もうちょっと危険なプレーを増やしてゴールの枠にシュートを飛ばしてほしい」とさらなる奮起を求める声に加え、 「今まで見たなかで、断トツで最高だ」とコラージュ画像を評価する意見もあった。

 メッシのようなドリブル突破を見せた原口。今季は契約問題のこじれから出場機会を減らしていたが、華麗なドリブル突破でベルリンを沸かせてくれそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【画像】ヘルタ公式ツイッターが投稿、原口とメッシを組み合わせた衝撃コラージュ

https://twitter.com/HerthaBSC/status/914529569490825216

ヘルタ公式ツイッターが投稿、原口とメッシを組み合わせた衝撃コラージュ