画像提供:マイナビニュース

写真拡大

GfKはこのほど、「健康維持の方法に関するグローバル調査」の結果を明らかにした。同調査は2017年夏、17カ国(※)、15歳以上の2万3,000人を対象にインターネットで実施したもの。

身体の健康を保つために日常的にどのようなことを行っているか尋ねたところ、「十分な睡眠をとる」「健康的な(栄養のある)食事をする」(各65%)、「運動をする」(64%)、「家族や友達、ペットと過ごす」(62%)が上位を占めた。

2014年の調査結果と比べると「健康的な食事をする」は7ポイント、「運動をする」は5ポイント、「家族や友達、ペットと共に過ごす」は6ポイント上昇した。「テクノロジー機器の使用を控える」や「特定の食事制限を行う」も10ポイント以上上昇している。

日本の状況をみると、「十分な睡眠をとる」(63%)が最も多く、次いで 「運動をする」(49%)、「健康的な(栄養のある)食事をする」(46%)、 「家族や友達、ペットと過ごす」(44%)となった。2014年の調査と比べると、全調査項目が上昇しており、特に「健康的な(栄養のある)食事をする」は17ポイント増となっている。

※調査国: 世界17カ国(アルゼンチン、オーストラリア、 ベルギー、ブラジル、 カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、メキシコ、オランダ、ロシア、韓国、スペイン、イギリス、アメリカ合衆国)