画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ハーゲンダッツ ジャパンは、10月3日よりハーゲンダッツミニカップ「安納いも」(税込294円)を期間限定で発売する。鹿児島県種子島産の安納芋を100%使用した秋にぴったりなアイスとあって、さっそく試食してみたので気になるその味をお届けしよう。

○安穏いもの甘さを最大限に引き出した一品

先日ご紹介した「ハーゲンダッツの新商品「パンプキンプディング」実食! 濃厚な味にうっとり」も、かぼちゃの甘味を生かした秋にぴったりなアイスだったが、今回はかぼちゃよりも糖度が高い「安納芋」をふんだんに使っているとあって、より濃厚な味わいが期待できる。

「焼くと蜜が出るほど甘い!」と言われる安納芋の魅力を最大限に生かすべく、製造時にも焼き上げて十分な甘味を引き出した安納芋ペーストをミルクと合わせ、濃厚かつクリーミーな味わいに仕上げたとのこと。素材にこだわり、手間暇かけてつくられた一品とあって食べるのが楽しみだ。

○アイスなのに「ホクホク」!?

さっそく開けてみると、淡いクリーム色のアイスがお目見え。スプーンですくうと、おや? 芋ならではの"ねっとり感"も再現されているのだろうか、少し粘り気があるように感じる。ではでは、ひと口パクリ。

濃厚っ! まさに安穏いもそのもの! もちろんアイスだから冷たいのだが、お芋っぷりがスゴすぎて「ホクホク」しているようにさえ感じられる。これはインパクト大だ。

さらに食べ進めると、カップの真ん中にソースの溜まりを発見。このソースには安納芋の粗粒が混ぜ込まれており、まるで"芋きんとん"のようだ。甘味が強いソースとアイスを絡めて食べれば、これまた「ホクホク」感がアップ。より一層、濃厚な安納芋の味わいを堪能することができる。

前回のパンプキンアイスに続き、今回の安納芋アイスも秋にぴったりの実に濃厚な一品に仕上がっていた。肌寒くなってきた今の季節だからこそ、しっかり甘い秋アイスでほっこりしてほしい。