J1 第28節のベストイレブン

写真拡大

 フットボールチャンネル編集部では、9月30日から10月1日にかけて行われた明治安田生命J1リーグ第28節のベストイレブンを選出した。

 首位の鹿島アントラーズに1-0で勝利したサガン鳥栖からは、体を張った守備で強力な相手攻撃陣を封じ込めたDFの鄭昇玄と吉田豊をベストイレブンに、今季最高のゲームを演出したマッシモ・フィッカデンティ監督を最優秀監督に選んだ。

 セレッソ大阪に5-1で大勝を収めた川崎フロンターレからは、最多の3人を選出している。サイドバックながら2ゴールを挙げたDFエウシーニョ、30m級のスーパーミドルシュートを沈めたMF森谷賢太郎、攻守にわたって絶大な存在感を発揮したMFエドゥアルド・ネットをベストイレブンとした。

 吉田達磨監督の古巣・柏レイソルに1-0で勝利し、残留に向けて大きな勝ち点3を獲得したヴァンフォーレ甲府からは決勝ゴールを挙げたFWドゥドゥと、粘り強い守備で完封に貢献したDF新里亮をピックアップしている。

 その他にはベガルタ仙台戦で2ゴールを奪った浦和レッズのFW興梠慎三、アルビレックス新潟をどん底に突き落とすゴールなど積極性が光ったヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキらを選出した。

 フットボールチャンネル編集部が選んだ明治安田生命J1リーグ第28節のベストイレブンと最優秀監督は以下のとおり。

▽GK
キム・スンギュ(神戸)

▽DF
エウシーニョ(川崎F)
新里亮(甲府)
鄭昇玄(鳥栖)
吉田豊(鳥栖)

▽MF
エドゥアルド・ネット(川崎F)
森谷賢太郎(川崎F)
マルティノス(横浜FM)

▽FW
ルーカス・ポドルスキ(神戸)
ドゥドゥ(甲府)
興梠慎三(浦和)

▽最優秀監督
マッシモ・フィッカデンティ(鳥栖)

明治安田生命J1リーグ第28節全試合の結果は以下のとおり。

鳥栖 1-0 鹿島
新潟 0-2 神戸
柏 0-1 甲府
FC東京 0-0 磐田
広島 1-1 札幌
大宮 0-0 清水
G大阪 1-2 横浜FM
川崎F 5-1 C大阪
仙台 2-3 浦和

text by 編集部