日本代表FW杉本健勇が狙うのはすべて…ゴールもポストプレーも「全部やりたい」

写真拡大

日本代表は1日、キリンチャレンジカップ2017のニュージーランド戦(6日/豊田スタジアム)およびハイチ戦(10日/日産スタジアム)に向け、愛知県豊田市内で合宿を開始。トレーニング後、FW杉本健勇(セレッソ大阪)が意気込みを語った。

「チャンスを与えられたら、しっかり強い気持ちを持って、それを自分の手でつかみ取るって気持ちでやりたい」と力強く語る杉本。

前線で起点としての役割を果たすのか。それとも一番分かりやすいゴールを狙うのか。杉本は「(優先順位は)ないですね」と笑顔で答え、「全部やりたいです。じゃないと。これだけというのは今はないですかね。できたら一番いいですし、それを目指してやってるんで。もちろんチームプレーも大事ですし、守備の面も動き出しも点を取ることも大事。全部できればいいですけどね」と貪欲さをのぞかせた。

9月30日には、同じく日本代表FWの武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)がブンデスリーガ第7節・ヴォルフスブルク戦でゴールを決めている。記者がこのことに触れると、「見ました、見ました。うまかったですね」と称賛するも、「今回もポジション一緒ですし、どっちがというかね、仲間であり、ライバルであると思うんで、しっかり負けないようにしたいと思います」とポジション争いを意識していた。